国学院大・小川龍成に4球団が視察、DeNAスカウト「十分プロで通用する」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

昨年の侍ジャパン大学代表でもプレーをした国学院大・小川龍成選手がこの日、プロ4球団のスカウトから注目された。

安定した守備

国学院大はこの日、NTT東日本とオープン戦を行った。小川龍成選手は3回にセンター前ヒットを打つなど打撃でも見せたが、プロが注目したのはやはりショートの守備だった。5回1アウトからの二遊間を抜けそうな当たりを、打球に合わせてスムーズに補強すると、そのままフットワーク良く一塁に送球してアウトにした。「ボールの入り方、バウンドもよくて、流れの中でスムーズに捕球できましたね」と話した。

このプレーにプロ4球団のスカウトは目を光らせた。横浜DeNAの河原スカウトは「捕球からスローイングまで無駄がない。守備はもう十分プロで通用する」と高く評価した。

小川選手は前橋育英出身、大学で「守備って面白い」と守備の技術を高めてプレーに磨きをかけると、昨年は侍ジャパン大学代表に入るなど、大学屈指の遊撃手まで成長した。横浜DeNAは大和選手、柴田選手などがショートを争うが、他にもショートの選手を求めており、昨年のドラフト会議では森敬斗選手を1位指名した。小川選手もこの守備を持っていればドラフト3位くらいで指名されるくらいの価値がある。

リーグ戦では打撃でも大きくアピールできれば、3位までに消えると思う。大いに注目したい。

2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

観戦したDeNA河原スカウトは「捕球からスローイングまで無駄がない。守備はもう十分プロで通用する」と太鼓判を押した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント