プロ注目内野手、国士舘大・池田来翔選手が2安打

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

国士舘大は東海大とオープン戦を行い、プロ注目の内野手・池田来翔選手が2安打を記録した。

スポンサーリンク

4番セカンド

池田来翔選手は180cm95kgの大型内野手で、セカンドで4番を打っている。この日も4番二塁で出場すると2安打を記録した。

それでも7回に2アウト満塁の場面でショートゴロに倒れたことを反省し「初球、外の真っすぐを見逃し、2球目のスライダーを右中間に打てなかったのがよくなかった」と話した。

それでも「自分のポイントで自分のスイングができたことが収穫」と手応えも感じており、「自分の長所をしっかり出しながら評価してもらえれば」とプロ入りへの思いを話した。

セカンドはいろんな動きをするポジションで、これまでは比較的小柄だが俊敏な選手が多かったが、近年は楽天・浅村選手の影響からか、大型の二塁手が増えている。昨年の中央大・牧秀悟選手(DeNAドラフト2位)のように、大型で勝負強い打撃を見せる二塁手として、4番で結果を残したい。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
今秋ドラフト候補の国士舘大・池田来 堂々2安打 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 国士舘大の今秋ドラフト候補・池田来(3年)が「4番・二塁」で出場し、2安打と気を吐いた。
プロ注目の国士舘大・池田礼が2安打 東海大とのオープン戦
 (1日、東海大8-2国士舘大、東海大グラウンド)プロが注目する国士舘大の右打ち内野手、池田礼が2安打をマーク。七回2死満塁で遊ゴロに倒れた打席を反省し、「初球…
今秋ドラフト候補の国士舘大・池田来 堂々2安打 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 国士舘大の今秋ドラフト候補・池田来(3年)が「4番・二塁」で出場し、2安打と気を吐いた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント