中日ドラフト2位の駒大・鵜飼航丞選手が3試合連続弾、中日スカウト「ドラフトが遅かったら1位じゃなきゃとれなかった」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

中日がドラフト2位で指名した駒澤大・鵜飼航丞選手が、ドラフト当日の試合から3試合連続ほなるホームランを放った。この秋はこれで4本目。

スポンサーリンク

ドラフトが少し遅い時期だったら

日大の先発・赤星優志投手は、同じセ・リーグの巨人からドラフト3位で指名されており、プロの舞台でもこれから何度も対戦する相手になるかもしれない。鵜飼航丞選手は「負けたくない気持ちはありました」と初回の打席に入った。

2アウト3塁の場面で、初球はインコースにストレートで攻められた。しかし、「初球内角だったので、次は外だなと張っていた。変化球を張って、一発で仕留めようと思いました」と外角の変化球を狙うと、真ん中の低めに入ったカットボールを、うまくすくって打球は左中間の深いところのスタンドに運ばれた。「真芯を食ったので感触は良かったが、逆風だったので入って良かったです」と話した。赤星投手も「高さは良かったので、ホームランにされるとは思ってなかった」と話した。

鵜飼選手は、この日のようにゆるい球に合わせて軽くバットに当てても、パワーでスタンドまで運ぶ力がある。中日はドラフト2位で鵜飼選手を指名しているが、視察した正津スカウトは、「崩されず、下半身の粘りでうまく打っていた。芯に当たれば入る。」と話し、「ドラフトが少し遅い時期だったら1位じゃなきゃ取れなかった」と笑った。

今年はドラフト会議が10月11日に行われ、東都リーグもまだ秋季リーグの中盤だった。鵜飼選手はドラフト当日の10月11日の試合でホームランを放つと、この日までに3試合連続ホームランを放っている。昨年も神奈川大学秋季リーグで8本塁打を放った渡部健人選手が埼玉西武にドラフト1位で指名されているが、もし、今年もドラフト会議が例年通り20日以降に行われていたら、鵜飼選手も1位で指名されていたかもしれない。

駒澤大の今季の残りは1試合、注目スラッガーの目安となる1シーズン5本塁打まであと1本を打って、プロの舞台への羽ばたきたい。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

これで秋季リーグはトップの4本塁打。特にドラフト当日から3戦連発と勢いが止まらない。この活躍には正津スカウトも「崩されず、下半身の粘りでうまく打っていた。芯に当たれば入る。ドラフトが少し遅い時期だったら1位じゃなきゃ取れなかった」と目を丸くした。

【大学野球】 駒大OB・中畑清さんが後輩の中日ドラフト2位・鵜飼にエール「打って走れる4番に」
 中日からドラフト2位で指名された駒大の鵜飼航丞外野手(4年=中京大中京)が、初回の第1打席で巨人3位の日大・赤星優志投手(4年=日大鶴ケ丘)から本塁打を放った。
中日2位の駒大・鵜飼 巨人3位の赤星撃ち! 3戦連発の先制2ランはリーグ単独トップ4号 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦1試合が行われた。駒大が日大を5―3で下し、5勝目(4敗)を挙げた。中日からドラフト2位指名を受けた鵜飼航丞(こうすけ)外野手(4年)が、3戦連発となる決勝の左越え先制2ラン。巨人から同3位指名を受けた日大・赤星優志投手(4年)は、6回途中5失点で黒星を喫した。
中日ドラ2駒大・鵜飼3戦連発の4号 巨人ドラ3日大・赤星を仕留めた - アマ野球 : 日刊スポーツ
駒大は、中日ドラフト2位指名の鵜飼航丞外野手(4年=中京大中京)の3試合連続、リーグ単独トップに立つ今季4本目の本塁打で勝利した。「負けたくないという気持ちは… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント