立教大が始動、西川晋太郎主将「去年より力が落ちると言われるがいい意味で経験が少ない」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

立教大が今年初の全体練習を行い、西川晋太郎主将が今年の抱負を語った。

スポンサーリンク

昨年より

立教大は、東北楽天にドラフト1位で指名された荘司康誠投手や、強打の内野手・山田健太選手が抜け、西川晋太郎主将は「去年より力が落ちると言われる」と話した。しかし、「いい意味で経験が少ない。思い切ってできるチームにしたい」と、逆に何でもできるという怖いものなしの雰囲気があると話した。

溝口監督も2017年に優勝したチームについて、「あの年も前の年は4年生が中心で、戦力的に厳しい中で優勝できた。マイナスに思わず、工夫のしがいがあると思いながらやっています」と話す。有力な選手が抜けた翌年に結果を出すということは、高校野球でもよく見るケースで、なんとかしよう、穴を埋めようという選手や指導者の思いが結実するのではないかと思う。

そして西川主将は「革新」というスローガンを決めた。「優勝できるかもしれないという試合、リーグ戦が続いて、何か新しくしないと勝てないという思いが強かった。みんなで案を出しながら、話し合って決めました」と話す。

荘司投手は抜けたものの、智弁和歌山出身の150キロ右腕・池田陽佑投手がいる。また、西川選手も智弁和歌山時代に甲子園に5度出場し、5季連続でヒットを打った選手で、昨秋のリーグ戦では打率.302を記録した。溝口監督も「3番で固定できればと思っています。西川は経験上キーになる」と打線の軸を期待する。

智弁和歌山でチームメイトだった東北楽天の黒川史陽選手などと、オフに一堂に会した。「高校の時からむっちゃ刺激されていたんで、それは今でも変わりません。バッティングは勝てないと思っていたんですが、守備の粘り強さだけは負けたくなかった」と話す。

チーム立教を引っ張る西川主将に注目したい。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】立大の新主将はKKコンビに並ぶ「甲子園5季連続安打男」…西川晋太郎が天皇杯奪回へ闘志
 東京六大学野球リーグの立大が16日、埼玉・新座市内の同校グラウンドで今年初の全体練習を行い、本格始動した。新主将の西川晋太郎内野手(3年=智弁和歌山)は「まずは春のリーグ戦で優勝すること。そこだけで
立大が本格始動 西川晋太郎主将「まずは春のリーグ優勝」/東京六大学
東京六大学野球の立大が16日、埼玉県新座市の野球部グラウンドで年明け初の本格的な練習を開始した。新主将の西川晋太郎内野手(3年、智弁和歌山高)は「まずは春のリー…
立大が始動 春季リーグVへ西川主将けん引 守りの野球で「思い切りのあるチームに」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学野球リーグの立大が16日、埼玉県新座市のグラウンドで全体練習をスタートさせた。昨秋は打率・302とバットでチームをけん引した二塁手の西川主将は「まずは春のリーグ優勝が目標。思い切りのあるチームにしたい」と意気込んだ。
立大の新主将・西川晋太郎 箱根路熱走の陸上競技部に負けない「春のリーグ優勝が目標」【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の立大は16日、埼玉県新座市のグラウンドで全体練習をスタートさせ、新主将の西川晋太郎内野手(3年・智弁和歌山)は、正月の...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント