広島カープの2013年ドラフト指名予想

小林誠司, 青学大, 明大, 齋藤英輔, 九共大, 大瀬良大地, 宮崎日大, 吉田一将, JR東日本, 日本生命, 岡大海, 吉川雄大, 智弁和歌山, 中辻神司, 三田松聖, 松井裕樹, 桐光学園, 甲斐翼, 大竹耕太郎, 済々黌

広島カープドラフトメインページを更新しました! 今年の広島のドラフト指名方針を予想してみます。

層の薄いポジション

 大竹、前田、野村が揃う右の先発に比べ、左投手は寒い状況が続いている。篠田、中村、岩見など左腕投手はかなり多く獲得しているが、成長してこない。また、リリーフも外国人の調子に左右される状況が続いている。
 昨年のドラフトで1位で左腕の森雄大投手、外れ1位でリリーフ候補の増田達至投手を指名し外したが、その二つがそのまま層の薄いポジションであることを示している。

 ただし、前田健太投手がメジャー移籍可能性があり、右のエースも常に補強する必要がある。

層が厚いポジション

 外野手については、高橋大樹、下水流昂を補強し、タイプ、数が揃ってきた。二塁手・遊撃手もポスト梵が課題だったが、菊地、安部に上本崇司、鈴木誠也が加わり厚みを増した。

 捕手は数は揃っているが後は経験が必要。若手を育てたいが、経験のある捕手を指名して競争を作るのも良い。

 

候補は?

 昨年は野手中心のドラフトとなり、今年は投手中心となりそうだ。

 左腕投手は多く獲得しているので、絶対的な素質をもった左腕以外は指名しなくても良い気がする。しかし今年は、桐光学園・松井裕樹投手など左腕の素質の高い選手が目立つ。三田松聖高・中辻神司投手をマーク、他にも智弁和歌山・吉川雄大投手、済々黌・大竹耕太郎投手、宮崎日大・甲斐翼投手などが高い素質を見せればドラフト上位で狙ってくるかもしれない。

 リリーフエース候補としては青学大・斎藤英輔投手や明大・岡大海投手などが候補となりそうだ。特に岡選手は岡山県出身で野村、上本に続く明大の選手。獲得の可能性は高い。ただし、岡選手は野手としての評価も高く、リリーフ投手として見ているかはわからない。

 捕手では素質の高い日本生命・小林誠司捕手や、経験のある社会人捕手を獲得し、若手捕手の競争を煽りたい。

ドラフト1位は?

 チームに余裕があるならば、桐光学園・松井裕樹投手を指名し左の軸を作りたい所。それ以外ならば、九共大・大瀬良大地投手、JR東日本・吉田一将投手を指名し、前田健太の流出に備えたい。

 

広島カープドラフトメインページを更新しました!


PAGE TOP