東北楽天・則本昂大投手、東京ヤクルト・小川泰弘投手が新人王、共にドラフト2位

東北楽天球団ニュース 東京ヤクルト球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 2012年のドラフト会議で指名された83人の選手、その中で新人王を獲得したのは、東北楽天の則本昂大投手と東京ヤクルトの小川泰弘投手で、共にドラフト2位で指名された投手だった。

文句なし

 セリーグの新人王となった小川泰弘投手はリーグ最多勝となる16勝を挙げ、16勝4敗と勝率もトップ、防御率も2.93でリーグ5位とリーグを代表する投手となった。新人王レースでは巨人のドラフト1位・菅野智之投手、阪神の高校生ルーキー・藤浪晋太郎投手とも競り合ったが、最後は成績で突き放した。

選手名チームドラフト成績投票数
小川泰弘東京ヤクルト2012年ドラフト2位16勝4敗、防御率2.93、勝率.800252
菅野智之巨人2012年ドラフト1位13勝6敗、防御率3.12、奪三振15513
藤浪晋太郎阪神2012年ドラフト1位10勝6敗、防御率2.75、奪三振1268

 

 また、パリーグ新人王となった則本昂大投手は15勝8敗を記録し、開幕投手、クライマックスシリーズ、日本シリーズでフル回転に活躍し、ポスト田中将大と呼ばれるまでに開花した。プロ入り1年目で日本一の立役者となった。

選手名チームドラフト成績投票数
則本昂大東北楽天2012年ドラフト2位15勝8敗、防御率3.34、奪三振134223
佐藤達也オリックス2011年ドラフト3位2勝4敗40ホールド、防御率1.734
大谷翔平北海道日本ハム2012年ドラフト1位3勝0敗、防御率4.23、打率.2384
西野勇士千葉ロッテ2008年育成ドラフト5位9勝6敗、防御率3.801
千賀滉大福岡ソフトバンク2010年育成ドラフト4位1勝4敗17ホールド、1セーブ、防御率2.401

 

ハイレベルな新人王争い

 セリーグは2012年のドラフト1位、2位のルーキーが評価通りかそれ以上の成績を残し、ルーキー同士のハイレベルな新人王争いとなった。巨人の菅野智之投手も13勝を挙げ、CSでは完封を記録し、日本シリーズでも田中将大投手に黒星をつけたピッチングは印象深かった。また阪神の藤浪晋太郎投手も高校生ルーキーで10勝を記録し、例年ならば新人王は間違いなかった。

 パリーグはルーキーでも千葉ロッテ・松永昂大選手などが活躍を見せたが、則本昂大投手が頭一つ抜き出ていた。また西野投手や千賀投手など、育成枠出身の投手との新人王争いとなった事も非常に興味深い。

 小川は、新人王争いのライバル巨人・菅野に239票差を付けた。リーグトップの16勝(4敗)、防御率は2・93。開幕前は菅野や阪神・藤浪に比べ、注目度は高くなかったが「体の大きなすごい選手がいる中で取れたことはうれしい」と171センチの右腕は喜びをかみしめた。

 有言実行だった。入団が決まってから、家族の前で新人王を取ると宣言。5人兄弟で決して裕福な家庭ではなかったというが、「野球を続けられているのは家族や両親の支えがあってこそ。母はいつ電話しても『油断するな』と言ってくれた」。勝ち星を重ねても、おごることなく、その言葉を胸に投げ抜いてきた。

 パ・リーグの新人では55年ぶりとなる開幕投手に始まり、日本一を決めた日本シリーズ第7戦にもリリーフ登板。激動の1年を「濃い長い1年だったなと思います。1年間、『勝つ』という思いを持って走り切れたのはよかった」と振り返った。15勝8敗、防御率3・34という成績には「来年は負けの倍は勝ちたい。防御率も2点台を目指したい」と改善していく。

 モットーは“有言実行”。「キャンプの声出しで新人王を宣言してから、ようやくこの日が来た。できる間は長く、2ケタ勝利というのを続けていきたい。来季も2ケタ勝利、まずはそこから」と目標を語った。過去の新人王が何人も屈した2年目のジンクス。田中でもできなかった連続2ケタ勝利をクリアし、偉大なエースの後継者となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント