日刊スポーツが恒例の年末のドラフト特集、高校BIG5の他、有明・浅田将汰投手など紹介

及川雅貴, 佐々木朗希, 清水大成, 奥川恭伸, 井上広輝, 根本太一, 西川僚祐, 浅田将汰, 岡林勇希, 西純矢, 西原健太

日刊スポーツは、毎年恒例になっている年末のドラフト特集をしている。高校BIG5の大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、日大三・井上広輝投手、横浜・及川雅貴投手の他、有明の浅田将汰投手なども紹介し、高校・大学・社会人のドラフト候補リストも掲載している。

高校生投手の逸材

特集では大船渡の佐々木朗希投手について、専大北上で元阪神スカウトだった中尾監督が「江川卓級、球の伸び、手首の強さが一緒、突然変異」と話したことを紹介している。中尾監督は今年春に金足農の吉田輝星投手を高く評価し、その後、吉田投手はブレークした。

また、星稜・奥川恭伸投手は「秋より成長したなと言われたい。日本一を目指したい」と話し、創志学園・西純矢投手は「春には155キロを出したい。最終的には160キロが目標」と話した。日大三・井上広輝投手は「この冬は体力強化がテーマです、まだ出ると思います」と静かに来年の飛躍を誓い、横浜・及川雅貴投手は「まだまだ未完成です。制球が乱れるのと、肩や肘の体力がまだ足りません」と話し、こちらも世代NO.1投手のプライドで来年の再飛躍を誓った。

他には札幌大谷の184cm右腕・西原健太投手、木更津総合の149キロ右腕・根本太一投手、菰野の150キロ右腕・岡林勇希投手、履正社の145キロ左腕・清水大成投手、有明の浅田将汰投手も紹介している。浅田投手はまだまだ情報が少ないが、181cmから148キロの速球を投げ、4番としても高校通算18本塁打を打つスラッガーとしてプロも注目していると紹介している。

また、2020年のドラフト候補として東海大相模の西川僚祐選手を紹介し、すでに通算30本塁打を記録し、清宮選手の111本を超えるペースでホームランを打っているとしている。西川選手は「相模で歴代1位の大田泰示さんの65本は確実に超えたい」と話した。冬からはサードでの守備にも挑戦し、原、大田が守ったサードで4番サードとして2020年のドラフトを目指す。

2019年注目の高校生のドラフト候補~投手編~
2019年注目の高校生のドラフト候補~野手編~
2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

19年、戦国時代へ全国で怪物投手乱立 日刊スポーツ紙面 2018/12/31

 


PAGE TOP