2019年注目の高校生のドラフト候補~野手編~

2019年のドラフト注目選手紹介、高校生の野手編です。

捕手

2018年にドラフトで指名された選手と比較をします。

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 石橋康太・関東第一(4位)
牧野翔矢・遊学館(5位)
益子京右・青藍泰斗(5位)
田宮裕涼・成田(6位)
渡邉陸・神村学園(育1位)
有馬諒・近江(1、2位予想)
東妻純平・智弁和歌山(2、3位予想)
山瀬慎之助・星稜(3~5位予想)
渡部雅也・日大山形
関岡隼也・中京大中京

捕手では近江の有馬選手が捕手としての総合力で頭一つ抜けている印象。智弁和歌山の東妻選手は強肩でNO.1、星稜の山瀬選手は中学チャンピオンで高校でも実績を積んで伸びている。日大山形・渡部選手は182cm84kgの大型選手で強打とともにセカンドまで1.9秒の送球が光る。中京大中京の関岡選手はセカンドまで1.85秒の送球があり、スローイングが正確。

他にも打撃も光る履正社の野口海音選手、通算22本塁打の181cm83g捕手・広島新庄の木村優介選手、秋に4本塁打の札幌第一・村田凜選手や習志野の兼子将太朗選手も182cmの大型捕手。慶応の善波力選手は甲子園で強肩披露したが進路は明治大か慶応大か。広陵の鉤流大遂選手も甲子園でリードのセンスを見せた。西日本短大付の神宮隆太選手は強烈な肩と15本塁打の強打見せる180cmの選手。

2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

内野手

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 根尾昂・大阪桐蔭(1位)
小園海斗・報徳学園(1位)
太田椋・天理(1位)
増田陸・明秀日立(2位)
野村佑希・花咲徳栄(2位)
小幡竜平・延岡学園(2位)
野村大樹・早稲田実(3位)
林晃汰・智弁和歌山(3位)
中神拓都・市岐阜商(4位)
松井義弥・折尾愛真(5位)
宜保翔・未来沖縄(5位)

韮澤雄也・花咲徳栄(2~4位予想)
森敬斗・桐蔭学園(進学予想)
石川昂弥・東邦(2~5位予想)
熊田任洋・東邦(3~5位予想)
紅林弘太郎・駿河総合(2~5位予想)
和田康平・埼玉栄(3~5位予想)
前川夏輝・津田学園
遠藤成・東海大相模
黒川史陽・智弁和歌山
武岡龍世・八戸学院光星
菊田拡和・常総学院
生沼弥真人・早稲田実

2018年は史上稀にみる高校生内野手の当たり年で、この年を超える世代は今後ないかもしれない。それに比べると2019年は現時点でドラフト指名確実という選手はいない。

それでも花咲徳栄の韮澤選手は甲子園でもフットワークの良い守備を見せ、打撃でも3番として選球眼の良さを見せる。森選手は長打も打てる遊撃手だが、桐蔭学園という事で進学も予想される。東邦は強打の石川選手が140キロを投げる投手として投げており、内野手としてプレーが見たい。熊田選手はフットワークの良さと送球の良さに注目される。紅林選手はスケールの大きな遊撃手で、長打の打てるショートとして期待が高い。

投手として145キロを投げるが強肩強打の内野手として期待がかかる東海大相模・遠藤選手、また実績十分の智弁和歌山・黒川選手もいる。埼玉栄の和田選手と常総学院の菊田選手は強打でプロ注目、八戸学院光星の武岡選手も守備も良く強打もある3拍子揃った選手。早稲田実の生沼選手は強打を足掛かりにして守備の可能性を広げたい。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

外野手

年度 2018(指名順位) 2019(予想順位)
ドラフト候補 藤原恭大・大阪桐蔭(1位)
濱田太貴・明豊(4位)
万波中正・横浜(4位)
水谷瞬・石見智翠館(5位)
中村宜聖・西日本短大付(育4位)
伊藤海斗・酒田南(3~5位予想)
渡辺拓海・酒田南
斉藤勇人・常総学院
橋本吏功・花咲徳栄
小泉龍之介・横浜
野村健太・山梨学院
井上広大・履正社
中野波来・大阪桐蔭
葛城陸・九州国際大付
内田雄大・熊本工

2018年は藤原選手が飛びぬけた身体能力を見せて注目されたが、外野手は俊足、長打力、または体の大きな選手が評価され、濱田選手、万波選手、水谷選手などが指名された。

2019年の候補では酒田南の伊藤選手が185cm、渡辺選手が191cmのスラッガーで長打力に注目される。関東でも実績十分の強打者として横浜の小泉選手がいるが、長打力のある山梨学院の野村選手や常総学院の斉藤選手がホームランを量産してゆけばプロに手が届きそうだ。

関西では履正社の井上選手が185cm90kgの右の大砲で、すでに23本塁打を打つ。また大阪桐蔭の中野選手も秋から回ってきたチャンスで確実にアピールをしている。九州ではNO.1の強打者と評価される熊本工の内田選手がいる。

花咲徳栄の橋本選手は俊足だがパンチ力も十分の選手、九州国際大付の葛城選手は確実性の高い打撃を見せるリードオフマン。来年には足が注目される選手、肩が注目される選手も出てくるだろう。ドラフト候補としてある程度のレベルのある選手がそろいそうだ。

2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP