神奈川県野球交流戦、横浜DeNAが桐蔭横浜大に勝利、関東学院大・石川清太投手が三菱重工横浜を完封

桐蔭横浜大, 小野和博, 関東学院大, 横山弘樹, 石川清太

 神奈川県のプロ球団、社会人、大学のチームがトーナメントで争う、神奈川県野球交流戦が行われた。

 第1試合は横浜DeNAと昨年秋の大学王者・桐蔭横浜大の試合で、桐蔭横浜大はエースでドラフト候補の小野和博投手が先発し、横浜DeNAは、2番内村賢介、3番松本啓二朗、4番筒香嘉智などが名前を連ねた。

 小野投手はこの日は持ち前の制球が良くなく、3回1/3で5四球を与えると4安打で4失点で降板した。2番手で登場した187cmの横山弘樹投手がピンチを防ぐと、その後5イニングを2安打3四球1奪三振で無失点に抑えた。8回途中からは3年生で左のサイドスロー・上田拓磨投手がプロ野球でベテランの小池正晃‎選手を三振に斬って取った‎。

 桐蔭横浜大は横浜DeNAの守備の乱れから9回に4-4の同点に追いつき延長に持ち込んだものの、タイブレークで2011年のドラフト1位・北方悠誠投手が1点も許さずに抑えると、その裏に上田投手が乙坂智選手に死球を与えてサヨナラ勝利、プロ野球の面目を保った。

 続く第2試合では三菱重工横浜と関東学院大が対戦し、関東学院大の4年生・石川清太投手が9回を2安打に抑えて完封勝利を挙げた。石川投手は183cmの右腕で最速144km/hも大体130km/h後半の速球で打たせて取る投手、興南高校時代に甲子園で登板しています。

 小野投手の調子が気がかりでしたが、素晴らしい交流戦となりましたね。今日は横浜DeNA対東芝、横浜商科大vs関東学院大が対戦し、その勝者と決勝戦が行われます。岩貞祐太投手、西宮悠介投手などが登板しそうで楽しみですね。


PAGE TOP