中日スカウト、甲子園出場選手を総評、津田学園・前投手の評価上がる

奥川恭伸, 山瀬慎之助, 韮澤雄也, 武岡龍世, 前佑囲斗, 鈴木寛人

中日の米村チーフスカウトが、甲子園大会の選手の総評を行い、星稜の奥川恭伸投手の他、津田学園・前佑囲斗投手、霞ヶ浦・鈴木寛人投手、星稜・山瀬慎之助捕手、八戸学院光星・武岡龍世選手、花咲徳栄・韮澤雄也選手を評価した。

前投手と山瀬選手を高く評価

中日の米村チーフスカウトはまず、ドラフト1位指名が予想される星稜の奥川恭伸投手について、「重圧がある中で地方大会を勝ち抜き、勝てる投手に成長した。エースの自覚も感じられる。プロは勝たないといけない世界。そういう面も大事」と話し、「負けが少ない、貯金ができる投手になるのでは。10勝を何年も続けられると思う」と絶賛した。

また投手では津田学園・前佑囲斗投手について、「スピードもあったし、制球も良かった。変化球でストライクを取れるようになりまとまってきた。センバツより良くなっている」と評価を上げた。霞ヶ浦の鈴木寛人投手については「初回に打たれて、整理ができないままにおわってしまったよう。ただ、素材はいい。評価は変わらない」と話した。

野手については星稜の山瀬慎之助捕手を評価し、「山瀬の地肩は超一流。打撃に課題はあっても、まずは守備を重視したい。あの肩は希少」と話し、素材を高く評価した。

また、八戸学院光星・武岡龍世選手、花咲徳栄・韮澤雄也選手の両遊撃手についても、攻守のセンスの良さに注目をしたという。

山瀬捕手については、プロ志望届を提出すれば、奥川投手と共に指名をしてくるのではないかと思う。しかし、巨人・阪神・千葉ロッテなども山瀬選手の地肩を高く評価しており、指名順位は高いものになるかもしれない。

2019年夏の甲子園ドラフト番付
第101回(2019)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

奥川の評価さらに上昇「10勝を何年も続けられる」 東京中日スポーツ紙面 2019/8/13

 


PAGE TOP