巨人・長谷川スカウト部長の甲子園出場選手の評価、1・2年生にも好素材

奥川恭伸, 東妻純平, 西川僚祐, 山瀬慎之助, 遠藤成, 韮澤雄也, 藤田健斗, 井上広大, 来田涼斗, 中森俊介, 林優樹, 武岡龍世, 山村崇嘉, 前佑囲斗, 伊藤樹, 笹倉世凪, 鈴木寛人, 鵜沼魁斗, 赤塚健利

巨人の長谷川スカウト部長は、甲子園大会に出場した選手の評価を行っており、星稜の奥川恭伸投手の他、津田学園・前佑囲斗投手、霞ヶ浦・鈴木寛人投手、近江・林優樹投手、中京学院大中京・赤塚健利投手、履正社・井上広大選手、星稜・山瀬慎之助捕手、智弁和歌山・東妻純平捕手、中京学院大中京・藤田健斗捕手、八戸学院光星・武岡龍世選手、花咲徳栄・韮澤雄也選手、東海大相模・遠藤成選手などの評価をしている。

巨人・長谷川スカウト部長の3年生の評価

投手では星稜の奥川恭伸投手について、「バランス、球威、変化球の精度など全てが高校生としては突出している。マウンドでのプレートさばきも落ち着いており、センスを感じる。高校生の中で一人プロか社会人の選手がいるみたい。」と別格の評価をした。

また、津田学園・前佑囲斗投手について、バランスが良い。変化球も直球も、緩急をつけてストライクが取れる。得点圏に走者がいれば、ギアチェンジしてストライクが取れる。指先の感覚がいいのだろう。」と評価、また、霞ケ浦の鈴木寛人投手についても「素材として背格好が良く手も長い。直球・フォークがいい。プロではセットアッパーとしての可能性もあるのでは。」と評価した。

他にも投手では、近江の林優樹投手を評価し、「ヤクルト石川みたい。緩急をつけて、体の使い方が上手。投球センスがある。同じ腕の振りでインステップはなかなか打てない。」と評価、中京学院大中京の193cm右腕・赤塚健利投手については、「体が目立つよね。まだ投げるので精いっぱい。どんどん経験を積んでいけば、いい結果が出てくるタイプ」と評価した。

また野手については、八戸学院光星・武岡龍世選手について、「球際が強い。投手からすれば、打ち取ったはずの球を当てられるのは嫌らしい。チャンスメークの打撃ができる。と評価すると、同じく遊撃手の花咲徳栄・韮澤雄也選手についても「プレー全般が柔軟。バットコントロールもうまく、逆方向に打てる。」と評価した。

他にも遊撃手として、東海大相模・遠藤成選手を評価し、「野手として見ているが、投手としても相手打者が差し込まれている。見た目以上に脚力がある。遊撃含め、三塁、外野といろいろな可能性を模索できる。」と可能性を評価した。

履正社のスラッガー・井上広大選手については、「ホームランはあまり当たりがよくなかったけど、外野フライの高さがすごい。インパクトが強いし、バットの使い方が柔らかい。どこにでも放り込めるバッターになれる。右の長距離砲はなかなか出てこないから、楽しみ」と評価した。

また、捕手については、星稜の山瀬慎之助捕手と中京学院大中京の藤田健斗捕手について、「地肩が強い。最近の中では見たことがないくらい。地肩の強さは、大学でも社会人でもそんなに変わらない。」と評価し、智弁和歌山の東妻純平捕手についても「体は大きくないが、走攻守がそろっている。経験も豊富で、試合中に読んでやっている。」とこちらは捕手としてのセンスを評価した。

1・2年生も評価

そして1・2年生についても高く評価する選手がいたと話す。

まず明石商の中森俊介投手について「球威があって体に張りがある。全部全力ではなく1試合を投げる事や、日程がタイトになっていくことも見据えて投げている」と話し、来田涼斗選手についても「何よりも楽しそうにプレーしているのがいい」と評価した。

また東海大相模の西川僚祐選手、山村崇嘉選手、鵜沼魁斗選手について、「鵜沼はセンターにいい打球を飛ばし、山村もタイムリーを打った。」と話すと、西川選手については、「トップに入ってからのスイングスピードが速い。体つきが野球選手じゃないしね。中学生の頃から神宮の右中間や東京ドームのライトにホームランを打っていたし注目していた」と話した。

そして1年生でも仙台育英の笹倉世凪投手、伊藤樹投手の名前を挙げ、笹倉投手には「少しばてているのか、4,5月に見た時はもうちょっとキレがあった。バッティングも対応しているし、野球センスが高い」と話すと、伊藤投手には「バランスが良くて、腕の振りがしなやか。楽しみですね」と話した。

2019年夏の甲子園ドラフト番付
第101回(2019)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

▼星稜・奥川恭伸投手(3年) バランス、球威、変化球の精度、全てが高校生としては突出している。マウンドでのプレートさばきも落ち着いており、センスを感じる。高校生の中で1人、プロか社会人の選手がいるみたい。
▼津田学園・前佑囲斗投手(3年) バランスが良い。変化球も、直球も、緩急をつけてストライクが取れる。得点圏に走者がいれば、ギアチェンジしてストライクが取れる。指先の感覚がいいのだろう。

霞ケ浦・鈴木寛人投手(履正社打線につかまり、3回途中7安打7失点)「背格好がいいし、真っすぐとフォークもいい。プロには先発だけじゃなくて、中継ぎや抑えということもあるし、可能性はある」

近江・林優樹投手(守備の乱れもあり、東海大相模を相手に9回6安打6失点、自責は1)「腕の振り、球種で緩急をつけているし、インステップしてくる。高校生ではなかなか打てない。スワローズの石川のような、体の使い方が上手で、ピッチングセンスがある」


PAGE TOP