中日・立浪監督が明治大・村松開人選手を視察し評価、二遊間の強化を示唆

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

中日の立浪監督がこの日、東京六大学リーグを視察し、明治大の村松開人選手を高く評価した。

スポンサーリンク

「微妙に見るところも違うし」

村松開人選手はこの日、1番セカンドで出場すると、3回にライト前にヒットを打った。この打撃について立浪監督は「スイングがいい。僕らはスイングを見たらわかる。ヤクルト村上選手ももそうだが、体の正面、中で使えるのが打撃の一番の基本」と評価し、「いい選手。上位でかかる選手」と上位候補として太鼓判を押した。

立浪監督は二遊間の強化に思いを馳せる。「先発投手も含めて、ショート、セカンドを守れる選手。センターラインの守備を固めないと。どこの球団もトレードしようとしても二塁手、遊撃手は出してくれない。」と話し、「亜大の田中、駒大の林。誰でも欲しい」と、田中幹也選手、林琢真選手などの名前も挙げた。

二遊間の候補としては、守備で即戦力と評価される天理大の友杉篤輝選手、三拍子揃う創価大の門脇誠選手、強打が注目される立教大の山田健太選手や中央大の北村恵吾選手、法政大の斎藤大輝選手などもいるが、どちらかというとスピードがあり守備に定評のある選手を評価しているようで、村松選手、田中選手、友杉選手、林選手、門脇選手が候補となりそう。その中で打撃の良い選手となると現時点では村松選手と門脇選手が上に評価されるかもしれない。

自ら視察することについては、「スカウトからいいと言われる選手は、今年は見ておきたい。微妙に見るところも違うし」と話し、独自の視点でチェックをする。ドラフト直前まで関東でアマチュア選手の視察を続け、20日のドラフト会議に臨む。

中日ドラゴンズのドラフト指名予想
中日ドラゴンズ公式ページ 中日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント分析...
2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
【中日】立浪監督が明大・村松開人を視察「スイングがいい、見たらわかる」和田一浩氏も同行 - プロ野球 : 日刊スポーツ
中日立浪和義監督(53)が16日、神宮球場でドラフト指名上位候補にリストアップしている明大村松開人内野手(4年)を現地視察した。「いい選手。上位でかかる選手」… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

先発投手も含めて、(ドラフトで取りたいのは)ショート、セカンドを守れる選手。センターラインの守備を固めないと。どこの球団もトレードしようとしても二塁手、遊撃手は出してくれない。亜大の田中、駒大の林…。誰でも欲しい」。今季終盤に高卒2年目土田が遊撃に就いたが、未知数で、二塁も固定できていない。上位指名でも内野手は他球団と競合が必至。天理大・友杉篤輝内野手(4年)を筆頭に、明大村松、6月の全日本大学選手権優勝に貢献した亜大田中幹也内野手(4年)、駒大・林琢真内野手(4年)もリストアップして二遊間強化に重きを置く。

明大・村松 走攻守で猛アピール 中日・立浪監督絶賛「セカンドいける」/デイリースポーツ online
 「東京六大学野球、明大4-3慶大」(16日、神宮球場) 2回戦2試合が行われ、明大が慶大にサヨナラ勝ちした。今秋ドラフト候補の明大・村松開人内野手(4年・静岡)は4打数1安打。中日・立浪和義監督(53)と来季打撃コーチに就任する和田一浩氏(50)が視察に訪れる中、アピールした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント