阪神・中村GMが駒大・白崎浩之選手を視察

駒大, 白崎浩之

 阪神・中村GMが東都大学リーグの駒大vs東洋大の試合で出場した駒大・白崎浩之選手を視察した。

 白崎選手は4回に2ベースヒットを放ち出塁すると、後続のタイムリーヒットでホームを踏むなど、4打数2安打を記録した。

 この活躍に中村GMは、「ミートがうまい。タイミングの取り方もしっかりしている。ああいう大型ショートは阪神にいないタイプ」と高く評価、ドラフト2位指名など、早い順位での指名の可能性が高くなった。

 白崎選手は183cmの大型遊撃手で、ホームランも打てる選手として北海道日本ハム、横浜DeNA、巨人、阪神などプロも注目している。2位、または3位で消える事が確実とみられる。

 

 

 阪神の中村勝広GMが3日、神宮で行われた東都リーグ、駒大VS東洋大戦を視察した。

 

 お目当てはドラフト上位候補に名前が挙がる駒大・白崎で、五回裏の第3打席までチェック。四回の第2打席では逆転の口火となる左翼線二塁打を放ち、中村GMは「ミートがうまい。タイミングの取り方もしっかりしている。ああいう大型ショートは阪神にいないタイプ」と評価していた。


PAGE TOP