中日・ドラフト1位の鈴木翔太投手、オリックス・ドラフト1位の吉田一将投手が目標語る

鈴木翔太, 吉田一将

 昨年のドラフト会議、1位指名された選手の中では、東北楽天の松井裕樹投手、広島の大瀬良大地投手、さらに外れ1位ながら、人気球団・阪神の岩貞祐太投手や、巨人の小林誠司捕手の話題が多い。逆にドラフトでは社会人NO1と評価された吉田一将投手や、中日の外れ1位・鈴木翔太投手などの話題は少ない。

 

オリックス・吉田一将投手

 吉田一将投手は即戦力NO1の投手だと思う。社会人でも球速も150km/hを記録して一つの到達点に達すると、その後は低めのコントロールを意識した勝つ投球に向かう段階に入っている。三振を奪いまくるような派手な投球も無く、完投よりも6回をキッチリ抑えて勝利するスタイルなので話題にはなりにくいが、東アジア大会でも一人だけ抜群の安定感を見せ、2試合11回を投げて5安打10奪三振で無失点に抑えて金メダルの立役者となった。

 ドラフト会議でも競合確実と見られたがまさかの単独指名となり、指名が強豪した松井裕樹投手、大瀬良大地投手、石川歩投手よりも地味な感じになってしまい、オリックスのドラフト1位ということで、阪神や巨人に比べて情報量も少ない。

 吉田選手はプロ1年目の目標を「1年間1軍で投げて、10勝、150イニング、防御率3点台」を目標とした。派手さはないがチームを勝利に導く、そんなエースとなりそうだ。目標とする投手は斉藤和巳投手としており、190cmからの角度のあるストレートで勝ち星の数で注目される投手になる。

 

中日・鈴木翔太投手

 鈴木翔太投手は高校NO1右腕として高校2年生の時から注目され、ドラフト会議でも高校生右腕で唯一のドラフト1位となり、NO1右腕を証明した形となった。ただし、松井裕樹投手のような甲子園での活躍はなく、話題となることは少なく、ドラフト会議では松井裕樹投手の外れ1位となっている。

 しかし中田宗男スカウト部長は「将来性では松井以上」と評価し、谷繁監督、落合GMも映像を見て外れ1位の筆頭に指名した逸材で、投球の映像を見ると惚れ惚れする。キレイなフォームから投げられるストレートは回転が良く、まだ高めに浮くものの、その高めのストレートがホップして空振りを奪う。このストレートを低めに集められるようになれば、プロ野球でも屈指の投手となりそうだ。

 しかしこういうタイプの投手は、微妙なフォームのバランスがあり、それを維持しつつ成長していくのが難しい印象もある。急に体を改造するのではなく、フォームのバランスを保ちながら徐々にパワーアップをして欲しい。「松井君には負けたくない。いずれは球界を代表する投手と呼ばれるようになりたい」と話す鈴木翔太投手、それが出来たときには、松井裕樹投手に投げ勝てる投手になるだろう。

 

 「1年間、1軍で投げて、2桁の10勝、150イニングを目標にしたい。防御率は3点台」

 昨年はJR東日本のエースとして都市対抗、日本選手権の2大大会で勝利を挙げるなど、大車輪の働きを見せた。目標とする投手には「斉藤和巳さん」と即答。ソフトバンク時代に森脇監督も共に戦った03年沢村賞投手を頭に浮かべる。「ぼくは160キロの剛速球や、魔球を投げるわけではない。社会人時代に培ったコントロールと安定感をプロでも見せたい」。実直な自己評価が、かえって光を感じさせる。

  楽天が引き当てた松井裕の外れ1位での入団。甲子園出場経験がなく、全国的な知名度も及ばないが、潜在能力では勝るとも劣らない右腕がライバル心をむき出しにした。

 「松井君には負けたくない。いずれは球界を代表する投手と呼ばれるようになりたい」

 肘の使い方が柔らかくしなやかな投球フォームが最大の魅力。まだ体の線が細く、プロの体づくりからスタートとなるが、中田宗男スカウト部長は「将来性では松井以上」と評価する。「1日でも早く1軍に上がって、お世話になった方への恩返しがしたい」と話す好青年。竜の新たな18番に注目だ。


PAGE TOP