おかやま山陽が敗退、藤井皓哉投手にプロ8球団のスカウト視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース オリックスドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 高校野球岡山大会ではプロ注目の藤井皓哉投手を擁するおかやま山陽が初戦の就実戦で3-4で敗れた。この試合にはプロ8球団のスカウトが視察に訪れた。

147km/h記録

 藤井皓哉投手は181cmから148km/hの速球を投げる投手として注目されていた。この日も最速147km/hを記録し、1回は三者三振に抑えるなど好スタートを切ったが、3-2で迎えた7回に2失点し3-4で逆転負けを喫した。

 9回を投げて8三振を奪ったが、7安打4失点で敗れた。「勝負どころで自分の球が投げられなかった」と話した。また4番打者としてもランニングホームランを記録するなど3安打2打点と活躍を見せた。

 

8球団のスカウト視察

 この試合には中日、横浜DeNA、福岡ソフトバンク、オリックスなど8球団のスカウトが視察に訪れた。中でも中日は中田スカウト部長が視察をし、「馬力があって、素材がすばらしい。とんでもない投手になる」と絶賛していた。

 またオリックスの柳川スカウトも「体にパワーがあり、ストレートの威力が魅力」と話している。

 

 試合に敗れた藤井投手はプロ志望届け提出については明言しなかったが、目標はダルビッシュ投手と話し、「いずれはプロでやりたい」と話した。148km/h右腕の進路の決定に注目が集まりそうだ。

 

  おかやま山陽の剛球右腕が初戦で散った。藤井皓哉(こうや、3年)は初回から3者連続三振。自身の最速にあと1キロと迫る147キロの速球を軸に好投したが、1点リードの7回2死一塁から2連打を浴びて2点を失った。8三振を奪いながら、7安打4失点で完投負け。「勝負どころで自分の球が投げられなかった」と涙をぬぐった。

 4番打者としても、初回のランニング本塁打を含む3安打2打点。オリックスなど8球団12人のスカウトに強烈な印象を与えた。中日・中田スカウト部長は「馬力があって、素材がすばらしい。とんでもない投手になる」と絶賛した。

 おかやま山陽の最速148キロのプロ注目右腕・藤井が初戦で姿を消した。2回戦・就実戦に先発し、9回7安打4失点(自責点3)。8奪三振の力投が報われず「勝負どころで球が高めに浮いた。悔しい」と涙を流した。

 ネット裏にはDeNA、ソフトバンクなど8球団のスカウトが集まった。オリックス・柳川スカウトは「体にパワーがあり、ストレートの威力が魅力」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント