多良木の149km/h右腕・善武士投手は東芝、城北の諸冨将士投手はJR九州有力

善武士, 多良木高, 諸冨将士, 城北高

 有力高校生が社会人に進むケースが目立ってきている。多良木高校で最速149km/hを記録し注目された善武士投手と、城北高校で甲子園でもリリーフとして活躍した諸冨将士投手が社会人入りを希望していることが分かった。

熊本の両腕

 西日本スポーツによると、プロから注目された熊本の両腕はプロ志望届けを提出せず、多良木の善武士投手は東芝に、城北の諸冨将士投手はJR九州入りが有力とのことだ。

 善武士投手は昨年秋の大会で秀岳館や九州学院戦で好投して注目を浴びると、今年春のNHK杯で149km/hを記録し、西日本短大付の小野郁投手や大分の佐野皓大投手と共に「九州の快速球右腕」として注目されていた。夏の大会では4回戦で城北に敗れ、「野球を続けて夢の実現に向けて頑張ります」と話していた。

 一方、諸冨将士投手は192cmの長身投手として注目された。球速も144km/hをマークしていたものの、先発としては一本立ちするまでにはいかず、リリーフとして登板しており素材型の投手だった。

 4回戦の多良木戦では3番手で登板すると5回1/3を6安打3失点という内容で収めて勝利し、そのまま甲子園出場を決める。甲子園では初戦の東海大望洋戦でリードされた場面の8回から登板すると1回2/3をノーヒットに抑え、自らのスクイズで勝利し、続く三重高校戦では4回途中から登板し4回1/3を3安打3四死球も1失点と好投した。

 試合後には「いずれはプロでやりたい」と話していたが、まずは社会人でという事を決断したようだ。

 

社会人も人気に?

 今年は佐野日大の田嶋大樹選手がJR東日本を希望している。基本的には大学進学を希望する選手が多いものの、昨年の山岡泰輔投手(瀬戸内―東京ガス)のように社会人入りする選手も目立つようになった。

 社会人チームは社会人で何年もやっているようなベテラン選手がレギュラーにおり、大学からも選手が入ってくるため、高校生が機会を得るのは難しいとされてきた。大学のように4年間という決められた年数が無いとはいえ、最近は契約社員という形が多く、年数がいつまでもあるわけではない。

 それでも高校生を獲得して育成するチームもあり、特に投手については昨年のドラフト会議で柿田裕太投手(日本生命)や岡本健(新日鐵住金かずさマジック)のように3年間でプロ入りする選手もいる。

 大学では、実力がある選手は1年生からエースとして起用され、リーグ戦という形で週末に2試合を投げるなど4年間使われる。そのため評判は上がるものの4年間で故障をしたり、疲労が蓄積されてプロで活躍するのが難しくなるケースもある。社会人もトーナメントなので連投はあるが、長いイニングを完投させるようなケースはあまり見られないように見える。

 社会人を選択した高校生投手が、どんな成長をしていくかで、後に続く選手も増えていくだろう。注目して行きたい。

善、東芝入り有力 西日本スポーツ紙面 2014/9/15

 


PAGE TOP