専大松戸・原嵩投手、大阪・大塚の村林一輝投手など、デイリー高校野球特集

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 デイリースポーツでは毎週水曜日の高校野球特集で、この日は専大松戸の原嵩投手など、甲子園未経験ながら夏に活躍が期待される高校生の注目選手を数人紹介している。

最速148km/h

 専大松戸・原嵩投手は185cmの本格派右腕として1年時から注目された。昨年夏はチームは決勝まで進出するも力を発揮することができ、その後も公式戦では目立った活躍はみられていない。今年春の千葉大会では外野手として出場し、打撃や強肩でチームを関東大会に導く活躍を見せたが、登板は無かった。

 関東大会では健大高崎戦でリリーフで登板し1回1/3を投げて2失点だったものの最速144km/hを記録し、中日の中田スカウト部長が「いい腕の振りが出来て球が来る。素材は間違いなくいい」と評価した。またこのピッチングで持丸監督も夏は期待できるとし、夏はエースとしてチームを甲子園出場に導く。

 練習試合では強豪校を相手に驚くようなピッチングを見せている原投手、高校トップクラスの素材と評価されながらも3年夏まで評価が確定していない選手で、この夏は注目されそうだ。

 

大阪の好投手

 また特集では、大阪の大塚高校・村林一輝投手と、大阪偕星学園の光田悠哉投手を取り上げている。大塚投手は柔らかいフォームから141km/hの速球に多彩な変化球を投げる投手で、また打撃でも4番を打ち、履正社の来年のドラフト注目候補・寺島成輝選手から2安打を放つなど、活躍を見せている。

 元々はショートでプレーしたが、履正社との試合で7回に7点を奪われたものの、6回までは無失点と好投し、スカウトも高い評価をしたという。

 大阪偕星学園の光田悠哉投手は最速142km/hを投げる左腕で、この春の大会は大阪大会準決勝の上宮太子戦で2安打完投、決勝の大阪桐蔭戦でも1-5で敗れたものの好投を見せた。

 

日大三・小藤翼選手もスカウト注目

 さらに特集では日大三・小藤翼捕手にもスカウトが注目していると紹介している。小藤選手は春の東京大会で6試合で5本塁打を放ち注目された。182cmの大型捕手でセカンドまで1.8秒台といわれる強肩があり、スカウトも「あれだけ柔らかくて素早いスローイングはなかなかない」と評価しているようだ。

 春は活躍の割にプロのスカウトの声も高くなかったが、持っている素質は十分で、夏は大舞台で活躍を見せて評価が本物であることを見せたい。

2015年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

夏のブレークあるぞ!甲子園未経験の逸材たち デイリースポーツ紙面 2015/6/17

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント