星稜・清水力斗投手が復活に向けて登板、阪神・巨人など9球団12人スカウト注目

星稜高, 清水力斗

履正社高校と星稜高校が練習試合を行い、プロ注目の149キロ右腕・清水力斗投手がマウンドに上った。

右腕痛から

星稜の清水力斗投手は最速149キロを記録し、プロ11球団が練習に視察に来るなど高く注目されている。しかし春季石川大会で右腕に違和感を感じ、北信越大会では登板をしなかった。

この日は復帰2試合目となる先発のマウンドに上ったが、2回0/3を投げて6失点した。最速は143キロを記録したものの、「まだ思った球がいっていない」と感想を話した。

この日は阪神、巨人など9球団12人のスカウトが、履正社の安田尚憲投手などの目的も含めて視察をしたが、阪神の筒井スカウトは、「これから上がってくると思う。スピードが出るのは魅力です」と評価、まだ復活という内容ではないが、あと数週間で始まる夏の石川大会に向け、一歩一歩進んでいく。石川大会で復活の投球を見たい。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

最速は143キロだった。「まだ思った球がいっていない」と振り返った。阪神・筒井スカウトは「これから上がってくると思う。スピードが出るのは魅力です」と話した。


PAGE TOP