151キロ右腕、倉敷商の引地秀一郎投手に阪神、オリックスなど視察

引地秀一郎, 倉敷商

秋季高校野球中国大会が開幕し、来年の注目候補・倉敷商の151キロ右腕・引地秀一郎投手が先発した。阪神、オリックスなどのスカウトが視察に訪れた。

151キロ右腕

引地秀一郎投手は184cm83kgから最速151キロの速球を投げ、来年のドラフト注目候補の一人、この日は中国大会1回戦の盈進戦で先発したが、8回3失点(自責点0)で3-5で敗れ、センバツ出場は絶望的となった。

この日の最速は144キロ、味方が4回に2点を先制したが5回に味方のエラーなどにより3点を失った。センバツで投球を見ることは難しくなったが、「ピンチで絶対に抑える投手になりたい」と来年までの成長を誓った。

この日は阪神、オリックスのスカウトが視察、来年の注目候補に視線を送った。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

センバツ絶望的、引地成長誓った デイリースポーツ紙面 2017/10/28

PAGE TOP