星稜、内山壮真選手、山瀬慎之助捕手がホームラン、小松・小川琳太郎投手に中日が注目

星稜高, 奥川恭伸, 山瀬慎之助, 内山壮真, 荻原吟哉, 小川琳太郎, 小松高

奥川恭伸投手の登板で注目された小松高校とのWヘッダーの練習試合、星稜は1戦目に3-8で敗れると、2戦目は7-6とサヨナラで勝利、内山壮真選手と山瀬慎之助選手にホームランが出たものの、反省しきりだった。

内山選手が特大弾

センバツでも優勝候補に挙がる星稜高校は、小松との1回戦で奥川恭伸投手が先発したものの3回で1失点、味方のエラーによるものだった。その後、投手が撃ち込まれて8失点をすると、小松の140キロ右腕・小川琳太郎投手に5回1失点に抑え込まれた。

続く第2試合では、荻原吟哉投手が先発をして3回を無失点の好投を見せたが、リリーフした投手が6点を失った。それでもプロ注目捕手の山瀬慎之助選手がレフトオーバーの3ランホームランを放つと、9回には4番の内山壮真選手が「あそこまで飛ばしたのは初めて。冬場にパワーアップして、飛距離が伸びたと思う」と話すライトフェンスを軽々と超える超特大弾の逆転サヨナラ満塁ホームランでサヨナラ勝ちをした。

エラーなどにより失点を重ね、投手も抑えきることができなかった。また小川投手に抑えられるなど好投手の攻略もできず、山瀬主将は「ボロが全部出た。攻撃も守備も、納得いくプレーができている選手は1人もいないと思う。」と厳しい表情を見せ、「初戦負けという過程がセンバツにつながるよう、しっかり練習したい」と話した。

小松高校の小川投手には視察をした中日の音スカウトが「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」と評価をした。

新3年生にも新2年生にもスターがそろう星稜だが、奥川投手以外の投手に課題を見せた。今年は奥川投手中心とはなるものの、春夏連覇を果たすには昨年の大阪桐蔭のように複数の投手がしっかりと投げていくことが必要になる。しかし、山瀬選手や来年のドラフトの目玉・内山選手などはしっかりと結果を残しており、センバツでの活躍が楽しみ。

星稜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

今季初勝利を決めたのは、4番・内山壮真遊撃手(新2年)のバットだ。同点に追いついた9回裏1死満塁から、「先っぽに当たったがうまく運べた」と左翼フェンス上部に直撃するサヨナラ適時打。初回には左翼フェンスを軽々と越える特大本塁打を放ち「あそこまで飛ばしたのは初めて。冬場にパワーアップして、飛距離が伸びたと思う」と実戦での結果に笑みをこぼした。

小川も星稜に進む可能性があったが、地元に近い県立校を選んだ。特別な思いを持って臨んだこの日。直球にスライダーなど変化球の制球もさえ、失点は初回に山本伊織内野手(2年)に許した左越えソロだけ。3安打に抑え込んだ。
奥川の視察に訪れた中日音重鎮スコアラーは「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」と将来性を高く買っていた。


PAGE TOP