日本航空石川・重吉翼投手が145キロ、嘉手苅浩太投手も147キロに阪神スカウト評価

日本航空石川, 重吉翼, 嘉手苅浩太

日本航空石川は春季石川大会準決勝の鵬学園戦で、エースで146キロ右腕の重吉翼投手がリリーフで登板し見事な投球を見せた。また2年生で注目される嘉手苅浩太投手が147キロを記録した。

140キロ後半コンビ

この日の準決勝は鵬学園と対戦、相手の巧みな投球に得点が奪えず、強打線が7回まで5安打1点に抑えられる苦しい戦いとなった。

投手では1-0の4回から2年生で190cm100kgの大型右腕・嘉手苅浩太投手が登板すると、最速147キロの速球を投げ込んだ。しかし、5回に2四死球と暴投でノーヒットながら1点を失い同点に追いつかれた。嘉手苅投手は2回1安打1失点2四死球1奪三振だった。

そして6回からは146キロ右腕で今年のドラフト候補のエース・重吉翼投手投手が登板すると、こちらも145キロを記録した速球で8回には三者連続三振を奪うなど、4回を3安打5奪三振無失点、味方も7回に3ランホームランが飛び出して勝ち越し、決勝進出を決めた。

この二人の投球に視察した阪神の筒井スカウトは、重吉投手について、「質の高いボールを投げられる。オーソドックスできれいなフォームだし、これからが楽しみ」と話すと、嘉手苅投手についも「器用に変化球も投げられるし、何よりも他の子とは体が違う」と評価した。

石川大会決勝は星稜vs日本航空石川となった。星稜は奥川投手がこの大会でまた登板をしていないが、決勝で奥川vs重吉の投げ合いが見られるか注目される。

2019年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2人の本格派右腕に、プロのスカウトも熱い視線を向けた。阪神の筒井和也スカウト(37)は、「阪神タイガースジュニア」出身で阪神ファンの嘉手苅に対し「器用に変化球も投げられるし、何よりも他の子とは体が違う」と潜在能力の高さを評価。重吉についても「質の高いボールを投げられる。オーソドックスできれいなフォームだし、これからが楽しみ」と期待した。

同点で迎えた6回表からは、ドラフト候補にも挙がる最速146キロ右腕・重吉翼投手(3年)が登板。自己最速に1キロ迫る145キロをマークするなど4回3安打5奪三振。「自分がしっかり投げたら抑えられると思っていました」。

自己最速の147キロをマークし「冬の成果が出た」と手応え。選抜大会に出た履正社(大阪)の小深田大地内野手(2年)とは、中学時代のチームメート。「同じチームから甲子園に出場してうらやましい。夏に出られるように頑張りたい」。ライバルの活躍を刺激にする。


PAGE TOP