青森山田・堀田賢慎投手が148キロ、12球団スカウトが視察

青森山田, 堀田賢慎

青森山田の185cm右腕・堀田賢慎投手が、春季東北大会の2回戦・盛岡四戦で、最速148キロを記録した。この試合には12球団のスカウトが視察に訪れている。

昨秋138キロ、150キロ目標に

堀田賢慎投手は181cmだった身長が185cmになり、体重も1日6食を続けて80kgとなった。そして昨年秋までは最速138キロだったが、この春に140キロを突破し、この日、自己最速の148キロを記録した。

堀田投手はこの日の盛岡四戦で先発すると、3回に2アウトながら満塁のピンチを背負い、そして相手の4番バッターを迎えた。しかしここで140キロ中盤のストレートを連発すると球場表示で147キロを記録して空振り三振を奪う。この球が千葉ロッテのスカウトのスピードガンで148キロを記録した。

その後もヒットでランナーを背負ったものの中盤からはスライダーを軸にピッチングを組み立てて打たせて取る。そして試合が決した7回には再びストレートのギアを上げ、2つの三振を奪って締めくくった。7回を投げて5安打8奪三振2四球で無失点、堂々のエースのピッチングだった。

「四球を2つ出したことが一番の反省。点を取られたら流れは変わってしまう場面で、狙って三振が取れたことは良かった」と話す堀田投手、「目標は150キロを目指していますが、チームの勝利、優勝が最優先です。」と話した。しかし、この日は12球団のスカウトが視察に来ていたとあり、「プロ野球選手になるだけでなく、しっかり活躍したい」と、プロで活躍する事が目標と話した。

急成長で148キロまで球速を伸ばし、150キロ到達も時間の問題か。しっかりと投球もできており、素材型の投手でもなさそうで、この勢いで活躍を続ければ、四天王に並んでくる存在として注目されそう。今後、もっと大勢のスカウトが詰めかける事になるかもしれない。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト

3回裏2死満塁のピンチにこそ、堀田の真骨頂だった。「おりゃあ」と打者に向かって叫びながらダイナミックに右腕を振り抜くと、相手4番を空振り三振。球場表示は、この日3度目の147キロだが、視察したプロ12球団のスカウトのうち、ロッテのスピードガンでは「148キロ」を記録。7回も2者連続三振で締めたエースは「目標は150キロを目指していますが、チームの勝利、優勝が最優先です。プロ野球選手になるだけでなく、しっかり活躍したい」。堂々と胸を張って、言い切った。


PAGE TOP