誉・沢野聖悠選手がプロ志望、6球団注目の大型遊撃手

誉高, 沢野聖悠, プロ志望表明

誉の沢野聖悠選手は試合後に、「プロを目指す」と話し、プロ志望を表明した。183cmの大型遊撃手で、6球団のスカウトが注目をしている。

甲子園ではノーヒット

この日の八戸学院光星戦で3番ショートで出場した沢野聖悠選手は、4打席ともランナーがいる場面で打席が回ってきた。しかし、4回に犠打を決めたものの、8回には2アウト2塁の場面でセンターフライに倒れ、3打数ノーヒットに終わった。「力のなさを感じた」と話した。

しかし、試合後には「どう評価されるかわからないけど、プロを目指す」と話し、プロ志望を表明した。

沢野選手は183cmの大型遊撃手で、高校通算26本塁打を放つ。練習などには6球団のスカウトが視察に訪れるなど注目されている。沢野選手は、「子供たちのお手本になる選手になります」と話した。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

3月の練習試合では7試合連続本塁打を放つなど高校通算26本を放ちました。毎朝5時に起きての朝練は3年間一度も怠らず、6球団のスカウトが来るまでの選手に成長。初聖地は無安打に終わりましたが「子供たちのお手本になる選手になります」。甲子園での快音はプロになって響かせてくれるはずです。

プロ注目沢野3打数無安打 西日本スポーツ紙面 2019/8/7

 


PAGE TOP