中京大中京・中山礼都選手が3安打1本塁打でプロにアピール

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

龍谷大平安と練習試合で対戦した中京大中京、プロ注目の中山礼都選手は、4打数3安打3打点1本塁打の活躍で、プロのスカウトにアピールをした。龍谷大平安も奥村真大選手は木製バットで出場したが、2試合ともノーヒットだった。

スポンサーリンク

プロ志望一本です

3番ショートで出場した中山礼都選手は、4回ノーアウト1塁の打席で、高校通算16砲となるホームランを放った。打球は逆方向の左中間に飛び込み、「逆方向に大きいのを打つのを課題にしていたので、今日出たのはうれしい」と話した。

この日は4打数3安打3打点1本塁打、「プロ志望一本です」とプロ志望を口にする中山選手は、広島、東京ヤクルトのスカウトが視察に訪れる中で大きなアピールとなった。

一方、龍谷大平安も奥村真大選手が4番ショートで出場をした。プロのスカウトにアピールをする意味もあってか、153キロ右腕の高橋宏斗投手に対し、木製バットで戦いを挑んだ。

高橋投手とは連絡を取り合う仲で、「自分のときは本気でいくと。バットを何本か持ってこいよとも言われていました」と試合前に言われていたが、3打数ノーヒット2三振に抑え込まれた。「上から見られているなと感じました。ああいう投手を打てないと上にはいけない」と話した。

この日は第2試合にも出場したが、3打数ノーヒットだった。「まだ木製で自分のスイングができていないので修正します」と話す。京都の代替大会でも「甲子園を目指す試合なら当然、金属バットを使いますが、今後のことを考えても次のステップに進みたい」と木製バットで出場することを決めており、木製バットで結果を残してプロ入りに近づきたい。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

高校通算16号の一打は「逆方向に大きいのを打つのを課題にしていたので、今日出たのはうれしい」と左翼方向への一発は2本目だという。「プロ志望一本です」と固い決意を口にし「ランナーがいる場面で確実に還すというのを大事にしている。勝負強さを見てほしい」と力強く話した。

高橋とは普段から連絡を取り合う仲で「自分のときは『本気でいく』と。(折れるから)『バットを何本か持ってこいよ』とも言われていました」と“挑発”されていたことを明かし「上から見られているな、と感じました。ああいう投手を打てないと上にはいけない」と唇をかんだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント