聖カタリナ・櫻井頼之介投手が12回11奪三振2失点、4球団視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

秋季高校野球四国大会では、聖カタリナの櫻井頼之介投手が145キロを記録したストレートなどで、延長12回の末、小松高校に勝利、センバツ出場を当確とした。

スポンサーリンク

170cmで145キロ

櫻井頼之介投手は170cm58kgという小柄で細身の右腕だが、投げる球はこれまでに144キロを記録しており、この日の小松戦では自己最速となる145キロを記録した。

小柄な体から放たれるストレートは威力があり、また延長12回を投げぬいて6安打11奪三振2失点、スタミナも持っている。また「5回までは力が入らなかった」と話し、6回からやや腕を下げてスリークォーターにすると、それ以降は1安打に抑えた。「指にかかる感覚が戻ってきた」と話した。

この日は4球団のスカウトが視察し、櫻井投手の投球を見守った。小さな体に秘めた内側の筋肉の強さがありそう。センバツで見られるのが楽しみな投手。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

五回までは「力が入らなかった」と毎回走者を背負ったが、試合中にオーバースローからスリークオーター気味にフォームを変更。「指にかかる感覚が戻ってきた」と、六回以降を1安打に抑えた。自己最速を更新する145キロも記録し、NPB4球団が視察する中で力投を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント