2021センバツ出場、明徳義塾の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は明徳義塾高校。

明徳義塾の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:代木大和投手

184cmの大型左腕で中学時から注目された。最速は139キロのストレートに130キロ台のカットボール、120キロ台のスライダーが狭いピッチトンネルの中でなげられ、バッターも判別がしにくい特徴がある。球全体のボリュームアップが期待される。

注目度B:畑中仁太投手

186cmの大型右腕で1年秋に130キロ後半を記録している。昨秋は公式戦で5イニングを投げて1安打3奪三振も、エース・代木投手の安定感の前に登板が少なかった。将来が期待される。

注目度B:米崎薫暉遊撃手

遠投125mの強肩遊撃手。打撃でも24打数12安打、8四死球で打率.500とセンスの良さを見せている。遊撃手としてフットワークが課題とされており、センバツでチェックしたい。

注目度C:加藤愛己捕手

昨秋に二塁まで1.9秒台を記録するなど、成長をしている捕手。四死球を選んでチャンスを作る他、3本の2ベースヒット、1本の3ベースヒットなど長打も打てる。

注目度C:矢野勢也投手・2年

180cmのサイドハンド投手で強い球を投げる投手。まだ新2年生で成長に期待。

注目度C:井上航輝外野手・2年

秋は打率.200と結果を残せなかったものの、8四死球で出塁し、50m6.1秒の足で相手を恐れさせた。打撃・足を更に使えるようにしたい。

注目度C:田中晴太投手兼外野手・2年

181cmの左腕投手で130キロ中盤を記録する。外野手としても50m6.3秒の足の速さをみせている。

注目度C:辰己遊内野手・2年

昨秋はサードのレギュラーに選ばれたものの肩を故障して控えになった。遠投100mの肩と50m6.3秒の俊足があり、復活に期待。

注目度C:森松幸亮外野手

高校通算5発でパンチ力がある。昨秋は4番を任されたが0本塁打に4打点、打率.267と力を見せられなかった。

注目度C:江坂斗航捕手

遠投95mの肩のある捕手。控えだが180cmと体のある選手で成長に期待。

注目度C:山蔭一颯外野手

昨秋は右肩脱臼の影響で8番を打ったが、長打力があり、50m6.1秒の足も光る。

チーム

投手はエース、代木投手が抜群の安定感とスタミナを持ち、一人に任せられる信頼感がある。控えにも強い球を持つ投手がおり、登板のチャンスを生かしたい。

攻撃はホームランは少なく、盗塁も少ない。ただしレギュラー陣は全員が四球を選べて52四死球を奪った。33犠打とランナーを確実に進めて得点をしてくる。

守備は全体的に動きが良く、代木投手のテンポの良さもあり堅守のチーム。ショートの米崎選手にエラーが出ているが攻める守備でもある。

打線が6点を奪い投手が2点に抑える。守備を徹底し、四球と犠打を絡めた攻撃で得点を奪う。分析力の高い馬渕監督とその作戦をこなせる能力の高い選手たちで、相手にとって嫌な戦いを見せる。

明徳義塾高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント