2021センバツ出場、聖カタリナの注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は聖カタリナ高校。

聖カタリナの注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:櫻井頼之介投手

170cm58kgと小柄だが、全身を使って投げる球は145キロを記録し、内部の筋肉の強さを感じさせる。昨秋は55回を投げて51奪三振と鋭いスライダー、カーブとのコンビネーションも注目

注目度B:川口翔大遊撃手

遠投100mに50m6.0秒の足があり、ショートで躍動感ある守備を見せる選手。打撃でも昨秋は12四死球を選び、打率.440を記録するなどセンスがあり、注目される。

注目度C:高岡唯外野手

遠投110mの強肩外野手で、昨秋は12四死球を選び、広角にヒットを打って打率.423を記録した。

注目度C:足達遥都三塁手

昨秋は30打数13安打で打率.433を記録、8四死球で出塁のできるリードオフマン。

注目度C:田代勝也中堅手

遠投112mの強肩外野手、足もあり守備範囲が広い。

注目度C:仲田隆晟投手

184cmの投手でスリークォーターからシュート回転して食い込んでくる138キロの球を投げる。

注目度C:堀越璃雄一塁手兼投手

一塁で出場しているが、遠投116mの肩があり投手として、横から138キロを記録する。

チーム

投手はエースの櫻井投手が柱、8試合で4完投と小柄だがスタミナもある。堀越投手、仲田投手に、高岡選手なども登板するなど、野手に強肩選手が多いこともあり投手として力のある球を投げる選手が多い。

攻撃はホームランは少なく、盗塁も少ない。それでも1番・足達選手、3番・高岡選手、4番・川口選手は四死球をよく選び、広角にヒットを打って打率4割を越えてくる。この3人で得点パターンを作るとともに、ここにランナーを貯めてつなげるための下位打線がポイントか。8番に打撃の良い櫻井選手がおりカギになるかもしれない。

守備は、ショートの川口選手に注目したいが、全体的に肩の強い選手が揃うので、まずはそこを注目したい。

打線が4点を奪い投手が2点に抑える。上位打線での確実な得点と、エース・櫻井投手の投球に勝利がかかる。

聖カタリナ学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント