高知高・森木大智投手が154キロ&高校通算10号ホームラン、ソフトバンクが高評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

ドラフト1位候補の高知高・森木大智投手がこの日、ライバル明徳義塾戦で154キロを記録、打撃でも高校通算10号ホームランを放った。

スポンサーリンク

4球団スカウト視察

春季四国大会決勝の明徳義塾戦、森木大智選手は7番レフトで出場すると、4回1アウト1,2塁の場面で変化球を引っ張り、打球はレフトスタンドへと飛び込んだ。高校通算10号ホームランだった。

そして投球は9回、ノーアウト満塁のピンチに登板した森木投手は、最初のバッターに内野ゴロで1点を与えたものの、続く打者に対して最速を更新する154キロの球を投げ、それ以降の追加点は許さなかった。王者・明徳義塾に6-2で勝利した。

この日は4球団のスカウトが視察したが、福岡ソフトバンクの永井スカウト部長は「パワーがあるし、バランスがいい」と評価した。

これで大阪桐蔭の関戸康介投手に並び、今年の3年生世代の最速となった。中学時代より打撃にも定評のあった森木投手、昨年は新型コロナの影響で試合が少なかったこともあり通算本塁打数はまだ10本だが、さらに本数が増えてゆきそう。この日は2盗塁を決めるなど野手としての素質も非常に高く、まだまだ可能性を秘めている。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-四国のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

5点リードの九回、2番手の高橋克弥投手(3年)が崩れて、無死満塁のピンチでマウンドに上がった森木。「よいしょ!」と声を出しながら、小気味よく投げ込んだ。内野ゴロの間に1点を失ったが、続く打者への投球でそれまで152キロだった最速を更新。球場のスピード表示は151キロだったが、視察したNBPスカウトのスピードガンで154キロを計測した。

高知・森木が「世代最速」154キロ!打っても3ランの大暴れ 明徳義塾撃破し、四国王者に導く - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高知が明徳義塾を破り、県大会チャレンジマッチの雪辱を果たして5年ぶり11度目の四国王者に輝いた。
【高校野球】ドラフト1位候補の高知・森木大智、世代最速タイ154キロ「びっくり。自信になった」
 今秋ドラフト1位候補の高知・森木大智投手(3年)が9回無死満塁から3番手で登板。自己最速を2キロ上回る154キロを計測するなど、無安打無失点1奪三振に抑え、5年ぶり11度目の優勝に導いた。154キロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント