明秀日立・飯田真渚斗投手、常総学院・大川、秋元、三輪選手などにプロ10球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季高校野球茨城大会では、常総学院vs明秀日立、水城vs水戸啓明の2試合が行われ、明秀日立の141キロ左腕・飯田真渚斗投手、常総学院の大川慈英投手、秋本璃空投手、三輪拓未選手、水城の144キロ右腕・樫村佳歩投手の視察にプロ10球団のスカウトが詰めかけた。

スポンサーリンク

茨城の注目選手たち

2試合とも1点差の熱戦となった。明秀日立はプロ注目の飯田真渚斗投手が、序盤からヒットを許したものの、要所で130キロ後半から最速141キロのストレートで押し、センバツに出場した常総打線に1点を与えなかった。

一方、常総学院は背番号10ながら安定度の高い秋本璃空投手が先発、130キロ中盤の速球にカーブなどを織り交ぜ、相手を見ながら投げる投球をしたが、初回と3回に1点を許し劣勢となった。

それでも常総学院は終盤に飯田投手に襲いかかった。6回、7回に1点を奪うと、9回は3安打と飯田投手のエラーなども絡み1点を奪って同点に追いつき、なおもチャンスが続く。そして最後は中村選手のサヨナラヒットで逆転サヨナラ勝利した。

飯田投手は終盤もピンチでストレートで押す投球を見せたが、前半ほど球威が無く、常総の打者もタイミングが合うようになっていた。それでも9回も130キロ後半を連発するスタミナを見せた。

常総学院は9回にエースの大川慈英投手が登板し、144キロを連発して追い込み、最後は得意の変化球で危なげなく3人で抑えた。3投手の中ではやはり大川投手という投球だった。

また2試合目の水城vs水戸啓明は序盤に水戸啓明が得点を奪い、水城が逆転をしたものの水戸啓明が追い上げる展開となった。プロ注目の144キロ右腕・樫村佳歩投手は8回まで登板はなかったが、9回にリリーフマウンドに登った。

しかし、投球練習が多めに出来ていた感じではなく、最速141キロ、140キロ台の球を連発したもののヒット3本を浴びて2失点と制球に苦しんだ。1点差に追い上げられ、更にピンチを背負ったが、最後は大きなスライダーを投げ、空振り三振を奪って勝利した。

この試合には巨人、横浜DeNAなど10球団が視察し、茨城県の注目選手たちをチェックしていた。

2021年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

明秀学園日立が今春センバツ出場の常総学院をあと一歩のところまで追い詰めたが、九回に2失点で逆転サヨナラ負けした。プロ注目左腕の飯田真渚斗投手(3年)はこの日最速141キロの直球とスライダーなどを織り交ぜて要所をしのいでいたが、終盤に踏ん張れず。九回に同点とされてなお2死満塁の場面で、148球目を右前にはじき返されて力尽きた。

10球団のスカウトが視察する前で最速141キロの直球、スライダー、チェンジアップを低めに集める投球で常総学院を8回まで2失点に抑えた。

水城のドラフト候補に挙がる右腕・樫村佳歩投手(3年)は、5-2とリードで迎えた9回に登板。制球が定まらず、1回を投げ3安打2失点。最後は変化球で三振を奪い、逃げ切った。この日の最速は140キロだった。樫村は「今日は全然ダメでした。投げ急いでしまった」と反省。久しぶりの救援に調整不足もあり「いつもは球の重みをリリースの時に感じるけど、今日はそれがなかった」と繊細さに欠いた。

プロ注目右腕の水城・樫村 次戦は兄の母校・常総学院「強いところを倒したい」/デイリースポーツ online
 「春季高校野球茨城大会・準々決勝、水城5-4水戸啓明」(2日、JCOMスタジアム土浦) プロ注目右腕の水城・樫村佳歩(けいと)投手(3年)がNPB5球団スカウトの前で九回から登板し、1回3安打2失点2奪三振だった。「きょうは全然ダメでした」と直球の最速は140キロ。「真っすぐを生かすため」と駆使するカーブやスライダー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント