神村学園・泰勝利投手が左から146キロ、ストレート一本投球を阪神・日本ハム・中日が視察し阪神は3人態勢

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

神村学園の148キロ左腕・泰勝利投手が夏初戦を迎え、最速146キロのストレート一本で、3回をノーヒット無失点に抑える投球を見せた。この試合には阪神、北海道日本ハム、中日の3球団が視察、阪神は3人態勢で視察をした。

スポンサーリンク

剛球左腕

泰勝利投手は173cm78kgの左腕投手で、最速は148キロを誇る。本来はスライダー、カットボール、チェンジアップなどの変化球を投げるが、この日の吹上との初戦はそれらを封印し、ストレート一本で勝負した。ヒットを打たれるまで直球でいこうと決めていた」と話し。

そのストレートは最速146キロ、ほとんどが140キロ中盤を記録した。四球を2つ与えたものの、3回をノーヒット無失点に抑え、その他の球を使うこと無く登板を終えた。

この試合には阪神、北海道日本ハム、中日の3球団が視察をしたが、阪神は3人態勢で視察をしている。前田スカウトは「直球に切れがあった」と評価した。また中日の三瀬スカウトは「春に比べスピードが上がり順調に成長している。ボールの質が素晴らしい。もっと直球が低めに集まり出せば、手も足も出なくなると思う」と評価した。

奄美大島出身で、高校入学時は球速は110キロ台だったという。しかし1年時は故障をしており体づくりを集中的に行うと、3年時には140キロを超す球を投げるようになった。それでも今年5月の県の大会では鹿児島城西に破れ、「力が出せず負けた」と反省すると、6月に148キロを記録し更に成長した。

急激に成長をしている左腕投手。左投手の獲得を積極的に進める阪神が3人態勢での視察をしており、候補としてかなり意識しているようだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・鹿児島大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球鹿児島大会、将来的に期待したい選手はいるものの、今年のドラフト会議で指名される確率の高そうな選手は現時点ではおらず、ドラフト注目度はC。

プロ志望の左腕を目当てに3球団が視察。3人態勢だった阪神の前田忠節スカウトは「直球に切れがあった」と評価。中日の三瀬幸司スカウトは「春に比べ球速が上がっている」と直球の進化を感じていた。

この日、阪神の3人をはじめ日本ハム、中日のスカウトが視察。中日三瀬スカウトは「スピードが上がり順調に成長している。ボールの質が素晴らしい。もっと直球が低めに集まり出せば、手も足も出なくなると思う」。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント