報徳学園・榊原七斗投手に8球団視察、ロッテ・ソフトバンクスカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

春季高校野球兵庫大会では、プロ注目の140キロ左腕・榊原七斗投手の登板に、千葉追って、福岡ソフトバンクなど8球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

140キロ左腕

榊原七斗投手は173cmの左腕投手で、キレのある143キロの速球にプロも注目をしている。

この日は1回戦で神港学園と対戦すると、140キロのストレートとスライダー、チェンジアップを有効に使い、9回で10安打を許すも1失点と粘りの投球を見せた。3-1で勝利し、2回戦へ進出した。

「秋は真っすぐで打たれていたので、引き出しを増やしてメリハリをつけられるようになった」と話し、このオフは投球の幅を広げるために変化球を磨いた。この日は8球団のスカウトが視察に訪れ、その投球を評価した。

千葉ロッテ・三家スカウト:「真っすぐは伸びがあって、制球が安定している。チェンジアップもいい」

福岡ソフトバンク・稲嶺スカウト:「制球がよくなっている。ストライクゾーンの中での出し入れができている」

打撃も良い選手だが、投手として注目されている。気持ちを出す投球もあり、今後も注目が続くとみられる。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】報徳学園のプロ注目左腕・榊原七斗に8球団ズラリ!1失点完投で神港学園との強豪対決制す
 報徳学園は、プロ注目左腕・榊原七斗が1失点完投し、神港学園との強豪対決を制した。

昨秋からは投球も変えた。「秋は真っすぐで打たれていたので、引き出しを増やしてメリハリをつけられるようになった」。スタンドでは8球団のスカウトが視察。ロッテの三家スカウトは「真っすぐは伸びがあって、制球が安定している。チェンジアップもいい」、ソフトバンクの稲嶺スカウトは「制球がよくなっている。ストライクゾーンの中での出し入れができている」と評価した。

群雄割拠の兵庫で報徳学園が快勝発進 岡田新監督の東洋大姫路に闘志 - 高校野球 : 日刊スポーツ
春夏通算36度甲子園出場の報徳学園は強豪の神港学園を3-1で下した。立役者は最速143キロ左腕の榊原七斗投手(3年)で9回1失点完投。140キロ超の速球はキレ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
報徳学園 昨春県大会覇者の神港学園を撃破 ドラフト候補の左腕・榊原が1失点完投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦屈指の好カードは、報徳学園が昨春覇者の神港学園を破って2回戦に駒を進めた。今秋ドラフト候補に挙がるエース左腕の榊原七斗(3年)が2桁10安打を浴びながら要所を締め、109球で1失点完投。粘りの投球で一度もリードを許さなかった。
春季高校野球兵庫 プロ注目左腕・報徳学園の榊原140キロ台直球&多彩変化球で1失点完投/デイリースポーツ online
 「春季高校野球兵庫大会・1回戦、神港学園1-3報徳学園」(16日、明石トーカロ球場) 春季県大会の1回戦が行われ、報徳学園が神港学園を下し、2回戦に進出した。プロ注目のエース左腕・榊原七斗投手(3年)は粘り強い投球で1失点完投。攻撃陣も相手の隙を逃さす、強豪対決を制した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント