東洋大3投手が150キロリレー、羽田野温生投手に西武編成ディレクターが高評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

東都リーグ2部では、東洋大が細野晴希投手、一條力真投手、羽田野温生投手の3人のリレーで、いずれも150キロを超す球を投げた。今年のドラフト候補として注目される156キロ右腕の羽田野投手に、埼玉西武の潮崎編成ディレクターが「なかなかいない」と評価した。

スポンサーリンク

細野投手は来年特A級

圧巻だった。先発した3年生の細野晴希投手は、力みのないフォームからやや緩めの変化球で追い込むと、決め球にストレートを持ってきた。その球は140キロ後半から152キロを記録する抜群の威力ある球で、次々とストレートで空振り三振を奪っていく。7回を投げて4安打13奪三振の快投を見せた。

8回からは2年生の151キロ右腕で常総学院時代も注目された一條力真投手が登板すると、189cmからしなやかなフォームで151キロを記録し、しっかりと制球もできて1回を三者凡退に抑える。

そして9回、最速156キロを記録する4年生の羽田野温生投手が登板すると、調子は良くなさそうで1死球と1安打で1失点をした。それでも最後は152キロを記録したストレートで2つの三振を奪った。

圧巻の150キロ投手リレーに東洋大の杉本監督は、「ポテンシャル的にはスゴイと思います。そういう意味では絶対的に才能をもっています。そこをどう突き詰めて才能を伸ばしていけるかだと思う」と話した。

この日は7球団8人のスカウトが視察をしたが、埼玉西武の潮崎編成ディレクターは今年のドラフト候補の羽田野投手について、「真っすぐが速い。なかなかいない。まだ球速は伸びそう。伸びしろがある」と評価した。

3投手の中では細野投手が来年の超目玉クラス、一條投手が再来年のドラフト1位候補と評価でき、羽田野投手はやや調子が良くなかった感じもあり、ドラフト上位指名とまではいかない印象だった。それでも、体の大きさや投球フォームの良さなど、ポテンシャルの高さを十分感じさせるものだった。

東洋大からドラフト1位指名が連続で続いていけるか、まずは羽田野投手がその先陣を切りたい。

【東都大学2部】東洋大150キロトリオの投手リレーで先勝 先発細野晴希が7回13奪三振 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東洋大が、150キロトリオの投手リレーで東農大に先勝した。先発の細野晴希投手(3年=東亜学園)が初回から安定した投球で2三振を奪うと、続く3人目の打者への2球… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

羽田野は「調子は万全ではなかったんですが、コースを投げきれていなかった。自分の中では(力を)出し切れていませんでした」とスピードよりも、1失点を反省。スタンドでは7球団8人のスカウトが視察。西武の潮崎哲也編成ディレクター「真っすぐが速い。(ここまで速い投手は)なかなかいない。まだ球速は伸びそう。伸びしろがある」と評価した。

東洋大が白星発進 先発・細野が自己最速タイ152キロで7回4安打0封 東都2部/デイリースポーツ online
 「東都大学野球2部、東洋大4-1東農大」(16日、大田スタジアム) 東洋大が開幕戦を白星発進した。先発の細野晴希投手(3年・東亜学園)が7回4安打無失点、13奪三振と好投。九回は今秋ドラフト候補で最速156キロを誇る羽田野温生投手(4年・汎愛)が登板し、1回1安打1失点、2奪三振だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント