八戸学院光星2年の大型遊撃手・中澤恒貴選手がホームランなど4打数2安打

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

青森大会では八戸学院光星の中澤恒貴選手が、バックスクリーン右のスコアボードを直撃するホームランを放った。

スポンサーリンク

坂本2世

中澤恒貴選手は180cm75kgの内野手で、昨年秋に八戸学院光星のショートのレギュラーを掴んだ。高校通算8本塁打を打っているが、この日のホームランで9本目となる。

この1点が大きく、弘前東に2−1で勝利し、2019年以来遠ざかっている甲子園に向けて勝ち上がった。中澤選手は「勝ち越してホッとしました。あんなに飛ばしたことはないです。完璧でした」と話した。

八戸学院光星からは、巨人の坂本選手や、阪神の北條選手、東京ヤクルトの武岡選手など、強打の遊撃手が輩出される。中澤選手もそれらの先輩が着けた背番号6を背に、来年は注目される選手となりそうだ。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・青森大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球青森大会、昨年は大型や速球派投手が多かったが、今年は現時点で特に多くの球団から注目されるような選手は見受けられず、ドラフト注目度はC。
八戸学院光星8強入り 強打の〝遊撃〟継承だ!2年中沢恒貴がV弾「完璧でした」/青森大会
甲子園の出場権を懸けた地方大会が各地で行われ、青森では2019年以来3年ぶりの聖地を目指す八戸学院光星が、3回戦で弘前東に2-1で競り勝ち、8強進出。OBの巨人…

降りしきる雨を豪快に切り裂いた。1-1の六回1死。八戸学院光星の3番・中沢がコンパクトにバットを振り抜くと、白球はバックスクリーン右のスコアボードに直撃。文句なしの決勝弾で8強入りを引き寄せた。

「勝ち越してホッとしました。(打球を)あんなに飛ばしたことはないです。完璧でした」

八戸学院光星・中沢 V弾「完璧だった」巨人・坂本、阪神・北條の系譜継ぐ大型遊撃手/デイリースポーツ online
 「高校野球青森大会・3回戦、八戸学院光星2-1弘前東」(15日、八戸市長根公園野球場) 青森大会は8試合が行われ、8強が出そろった。19年以来の夏の甲子園出場を目指す八戸学院光星は、弘前東に2-1で辛勝。OBの巨人・坂本勇人内野手(33)や阪神・北條史也内野手(27)に続く、強打の遊撃手・中沢恒貴内野手(2年)が、勝...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント