紋別の150キロ右腕・池田悠真投手が登板、日本ハムが3人態勢に巨人・オリックス・DeNA・西武が視察

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

紋別の150キロ右腕・池田悠真投手が登板し、北海道日本ハム、巨人、オリックス、横浜DeNA、埼玉西武の5球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

5回5失点

池田悠真投手は185cm88kgの右腕投手で、最速150キロの速球を投げる投手として注目されていたが、この日の北見地区2回戦・北見工業戦では、先発投手が4回4失点で降板し、緊急の形で登板をした。

3番レフトで出場していた池田選手だったが、想定よりも早い登板だった。加賀谷監督も「本当はあと1、2イニング頑張ってくれたらと思っていた」と先発の塘投手に代わって5回から池田投手をマウンドに送ったが、ブルペンでは10球ほど投球練習を行っただけだった。

5回は三者凡退に抑えたものの、徐々に制球が乱してしまう。5点をリードした9回には先頭バッターに死球を与えると、3本のタイムリーヒットを浴びて2点差に追い上げられなおも2アウト満塁とピンチとなった。それでも最後はレフトフライに打ち取って終了し、9−7で逃げ切った。5回6安打4四死球3失点(自責点は1)という内容に、「後半はアウトを取ろうという気持ちが強くなって力んだ。力任せになってしまった」と話し、「相手チームの3年生も最後の夏。最後まで食らいついてくる感じがした」と夏に勝つことの大変さを感じていた。

この日は北海道日本ハムのスカウトが3人態勢で視察をし、他に巨人、オリックス、横浜DeNA、埼玉西武の5球団のスカウトが視察、日本ハムのスカウトのスピードガンで146キロを記録した池田投手について、

巨人・青木スカウト:「強く投げれて、強く振れる。体の強さは魅力。荒削りだけど、伸びしろを感じる」

北海道日本ハム・白井スカウト:「真っすぐの強さは大きな魅力。修正箇所はありますが、体が強く、非常に楽しみ」

と評価した。

左手の使い方や変化球を投げる特に腕がかなり緩むなど、いろいろと見えるところはあったものの、ストレートの威力は十分で、高めで空振りを奪っていた。素材型の投手としてプロが注目している。

進路について池田投手は「今大会の結果次第。プロ野球か漁師か。まずは次の試合を勝って、北大会に行かないと」と話し、北見柏陽との試合に全力を傾ける。北見柏陽には146キロの大型左腕・山内悠生投手がおり、この試合にも大勢のスカウトが詰めかけそうで注目したい。恵まれた体から150キロを投げる池田投手が、プロ野球を目指すようになるような投球を期待したい。

夏の高校野球・北北海道大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B・更新あり
夏の高校野球北北海道大会の注目選手を紹介します。全国的に見ても素質が高くて球速も150キロに到達している投手が2人おり、注目の地区となりそうだ。ドラフト注目度B。
2024年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
「プロ野球か漁師か…」進路は夏の結果次第 紋別の最速150キロ右腕・池田悠真/北北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
紋別は最速150キロエース右腕・池田悠真投手(3年)が5回から登板。北見工打線を5回6安打3失点(自責1)で、6年ぶり2度目の北北海道大会進出に王手をかけた。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校野球】紋別が6年ぶり北北海道大会出場へあと1勝…最速150キロ右腕・池田悠真にプロ5球団が視察 - スポーツ報知
 北見地区2回戦では紋別が北見工の追撃を振り切り、9―7で勝利。プロ注目の最速150キロ右腕・池田悠真(はるま)投手(3年)がリードを守り切り、6年ぶりの北北海道大会出場に王手をかけた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント