2019センバツに向けて、石岡第一の注目選手

岩本大地, 石岡第一, 岡崎黎人, 矢口剛盛, 武田翼, 塚本圭一郎, 小松崎駿

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は石岡第一。

石岡第一の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:岩本大地投手は最速147キロの右腕で、球質は素晴らしくストレートで空振りを奪える。175cm80kgと体もしっかりしてきており、肘痛からも完全復活しているようだ。吉田輝星投手クラスの投手として注目される。

注目度B:小松崎駿投手は2年生、130キロ中盤のストレートと変化球はコントロールが良く、安定した低い防御率を記録できる投手。石岡第一は昨年3年生だった岩本匠平投手と好投手が続いて出てきており、来年期待される投手。

注目度C:塚本圭一郎選手は2年生、1年秋にセカンドのレギュラーを取り、練習試合ではホームランを打ち盗塁も決めるなど秘めた力がありそうな選手。スピードや長打力などどんなタイプの選手かを見たい。

注目度C:武田翼選手は外野手で50m6.2秒の足がある1番バッター、犠打の多いチームだが盗塁も決めている。スピードと打撃技術を見たい。

注目度C:矢口剛盛投手は165cmの左腕投手、球速は130キロ中盤を記録する。秋は肩痛で公式戦登板はなかったが、コントロールされた変化球を投げることができる。ストレートの力を見たい。

注目度C:岡崎黎人選手は2年生、投手だが50m6.0秒でチーム一の足がある。投手としてはコントロール重視タイプだが、瞬発力をベースに成長が見られるかもしれない。練習試合では盗塁も決めており、投球、そしてスピードを見たい。

チーム

大黒柱・岩本投手がおり、登板すれば大体3点前後で抑えられる。ただし、失点を重ねる試合も見られる他、短いイニングですごい球を投げるタイプのようにも感じるため、大舞台で9回までをしっかり押さえられるかがカギとなりそう。

打線は2ケタ得点を奪う試合もあるが、対戦相手がやはり甲子園常連とは違う所もある。それでも明秀日立から10点を奪い、土浦日大には4-1で勝利するなど、茨城の実力校相手に結果を見せている。

投手陣が3点まで抑えれば勝機がある。

石岡第一高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP