オリックス・山岡泰輔投手は6回まで無失点もプロの洗礼浴びる

オリックスルーキーニュース

オリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔投手がプロ初先発をすると、6回まで3安打無失点と好投を見せたが、7回に逆転の3ランホームランを浴び、敗戦投手となった。

初先発は黒星も

結果的にはプロ初登板は黒星となった。しかし、3回から5回までは三者凡退に抑えるなど6回までは散発の3安打に抑え、三振も5つを奪った。小さな体だが伸びるストレートに、代名詞となっている大きなスライダーなどを駆使し、十分の投球を見せた。

7回は先頭打者に四球を与え、2ベースヒットでピンチを広げた後にホームランを浴びた。「1点を守らなければという思いが強くなってしまった」と話したが、「6回まではイメージに近い投球ができた」と話した。昨年のドラフトで田中正義投手を回避して山岡投手の獲得を主張した福良監督も、山岡投手をねぎらい「上出来、十分にやってくれた」と話した。

パリーグでは千葉ロッテのドラフト1位・佐々木千隼投手が初先発初勝利をしている。山岡投手もこれからローテーションで投げていけば、佐々木投手と新人王を争っていく成績を残せるだろう。昨年ドラフトで社会人NO.1投手と評価された実力は、まだまだこれから。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

六回まで零封。1点を先制した直後の七回に細谷に逆転の左越え3ランを浴びて、降板したものの、福良監督は「これだけ投げてくれれば」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント