オリックスのドラフト3位ルーキー・福田周平選手がタイムリーヒット

福田周平, オリックス

オリックスのドラフト3位ルーキー・福田周平選手がチーム初の紅白戦に出場すると、タイムリーヒットなどでチームに貢献するプレーを見せた。

期待の遊撃手

福田周平選手は昨年、都市対抗で高い打率と堅守を見せMVPとなる橋戸賞を獲得、NTT東日本を優勝に導く立役者となった。オリックスは正遊撃手の安達選手が体調に不安があるため、ショートの即戦力の獲得を狙い、その福田選手を指名した。自然と期待が高まる。

福田選手はこの日、チーム初となる紅白戦に出場すると、5回1アウト1,3塁の場面で一二塁間を破るタイムリーヒットを放ち、また第1打席も四球で出塁、第2打席はレフトフライに倒れたものの10球を粘った。

福良監督は「これくらいやってもらわないと困る。そういう目で見ています」と話し、ショートの即戦力に変わらずの高い期待をしていた。福田選手も「レギュラーシーズンまでまだ50日ある。いろいろ試したい」と話し、ルーキーとは思えない余裕を持った発言をしている。ショートのレギュラーに向けてまっしぐら、昨年の西武・源田選手のような活躍を期待したい。

2018年ルーキーの活躍一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page


PAGE TOP