ルーキーの初勝利を目指す戦い、巨人・高橋優貴投手が初登板初勝利

プロ野球が開幕して6戦目となったこの日、セパ6試合中4試合で4人のルーキーが先発をした。その中で巨人のドラフト1位・高橋優貴投手がプロ初登板初勝利を手にした。

プロ初勝利を目指して

この日は東北楽天のドラフト4位・弓削隼人投手、千葉ロッテのドラフト3位・小島和哉投手、横浜DeNAのドラフト3位・大貫晋一投手、巨人のドラフト1位・高橋優貴投手の4人のルーキーが先発をした。

デーゲームで行われた東北楽天vs日本ハムの試合では、東北楽天・弓削隼人投手が先発した。ドラフト時から石井GMが非常に高く評価をしており、オープン戦でも終盤まで好投をみせていた。リリーフでの開幕登録かと思われたが、6戦目の先発を任された。その弓削投手は初回に2つの三振を奪い三者凡退に抑えたが、2回には2つの四球とヒット、3回、4回にも2安打を許した。それでも粘りを見せて無失点に抑えていた。

しかし5回、先頭打者にヒットを許し、その後、四球とヒットで1失点し、3-1とリードをしていたもののここで降板となった。4回1/3を投げ7安打3奪三振3四死球で1失点、初登板初勝利はつかめなかった。

千葉ロッテvs埼玉西武の試合では、千葉ロッテ・小島和哉投手が先発をした。しかし初回に3安打と3つの四球で4失点すると、続く2回にも4本のヒットを浴びて4失点し降板した。2かい7安打1奪三振4四球で8失点、苦いプロデビューとなった。

横浜DeNAvs東京ヤクルトの試合では、DeNAのドラフト3位ルーキー・大貫晋一投手が先発をしたが、初回に1点を許すと2回には2ランホームランを浴びるそして3回も四球とヒットでピンチを作りここで降板となった。2回1/3を投げて4安打1奪三振2四球で4失点だった。

3投手とも大学や社会人で実績のある投手だが、ドラフト1位クラスの投手からは球威の面でやや落ちる所がある。ただし、弓削投手は長身左腕からの変化球、小島投手は球のキレとインコースへの攻め、大貫投手はリズムの良さと落ちるボールがあり、それが生かせるかがプロで活躍する鍵となる。大貫投手は試合前に緊張するタイプで、この日の初登板は自分の力を出せていなかった。次の機会が与えられるかはわからないが、この日を糧に次の登板でプロ初勝利を狙いたい。

セリーグ初勝利

その中でドラフト1位ルーキーはさすがだった。巨人の高橋優貴投手が阪神戦で先発をすると、初回こそ2ベースヒットと四球でピンチとなったものの三振で切り抜けると、3点をもらって勢いに乗り、その後はテンポよく決め球のスクリューを投げ込んだ。5回にホームランを浴びたものの6回を投げて4安打5奪三振1失点、堂々のピッチングでプロ初登板初勝利を手にした。

ドラフト会議では、根尾選手、辰己選手の抽選を外した巨人が単独で指名をした。当初からドラフト1位候補と注目されていた上茶谷大河投手や甲斐野央投手よりも期待値は高くなかったかもしれないが、上茶谷投手よりも先にセリーグでのプロ初勝利を手にした。

パリーグでは初登板でリリーフで初勝利を手にした福岡ソフトバンクの甲斐野央投手がこの日、すでに3ホールドを上げ、5勝0敗1分けで首位を走るチームに大きく貢献をしている。ルーキーの活躍がチームの成績を左右する事になるか、これからの活躍も期待したい。

開幕1軍を手にするルーキーは?
2018年ドラフト会議 指名選手一覧


PAGE TOP