【発表】東アジア大会、日本代表メンバー24人

社会人野球ドラフトニュース 侍ジャパン

 10月6日から中国・天津で開催される東アジア大会の日本代表メンバーが発表された。ドラフト1位候補の富士重工・東明 大貴投手、セガサミー・浦野 博司投手、JR東日本・吉田 一将投手などが選出された。大学生では唯一、富士大・山川 穂高選手が選出された。

 大会はドラフト直前に行われるため、社会人選手のドラフト候補にとってはプロの評価を決定付ける大切な大会となりそうだ。

ポジション選手所属出身特徴短評評価
投手石川歩東京ガス中部大185cm72kg 右右185cmから149km/hを投げ込む、リリーフで好投A
東明大貴富士重工桐蔭横浜大177cm76kg 右右桐蔭横浜大では大エース、150km/h速球A
浦野博司セガサミー愛知学院大178cm70kg 右右愛知学院大の大エースで150km/hマークA
片山純一JR東日本亜細亜大179cm79kg 左左社会人8年目、140km/h後半の速球B
吉田一将JR東日本日本大191cm89kg 右左150km/h速球投げる本格派投手A
大城基志JX-ENEOS名桜大172cm65kg 左左昨年2冠でMVP、キレの良いストレート復活へB
秋吉亮パナソニック中央学院大182cm76kg 右右148kmサイドスローA
濱野雅慎JR九州国士舘大184cm80kg 右右社会人屈指のアンダースロー、28歳B
捕手中野滋樹JR九州東洋大177cm80kg 右右社会人9年目のベテラン、経験豊富C
上田祐介NTT東日本日本大176cm81kg 右右社会人8年目のベテランC
二葉祐貴トヨタ自動車PL学園174cm77kg 右右社会人10年目のベテランC
内野手井上晴哉日本生命中央大180cm99kg 右右中大時代に大砲候補としてプロ注目。本塁打連発B
石岡諒太JR東日本神戸国際大附187cm87kg 左左大型だが50m5.8秒の足があるB
岡崎啓介日立製作所立教大173cm78kg 右右PL学園、立大とドラフト候補、今年2年目B
川戸洋平Honda日本大183cm85kg 右左社会人7年目のベテランC
渡辺貴美男JX-ENEOS国学院大166cm64kg 右左今春、打率.438と打ちまくったA
田中広輔JR東日本東海大172cm78kg 右左今春、3本塁打18打点で2冠、遊撃手として評価高いA
多幡雄一Honda立教大172cm78kg 右右社会人9年目のベテランC
山川穂高富士大中部商175cm98kg 右右全国でも常連の大学屈指のスラッガー、打率も高いA
外野手松本晃JR東日本横浜商大180cm85kg 右右社会人6年目、毎年実績残すB
大河原正人東芝亜細亜大174cm85kg 右右横浜高、亜大で活躍、社会人8年目C
井領雅貴JX-ENEOS桐蔭学園高175cm80kg 右左171cmながら今春4本塁打でホームラン王B
堀越匠新日鐵住金鹿島東洋大167cm70kg 右左俊足魅力の選手、社会人3年目B
松島圭祐伯和ビクトリーズ流通経済大176cm75kg 右左大学時代本塁打王に盗塁王など記録B
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 片山をBなんて、なんてバカな評価なんだ・・・。
    Sだろ・・・。

  2. 昨年に行われた第26回BFAアジア選手権のメンバーをベースとしつつ、9選手を入れ替え。秋季リーグ戦と時期が重なるため、大学生は山川のみの選出となってしまったものの、魅力的な顔ぶれが集まったと言える。
    今大会の見所としては、2011年に行われた第39回IBAFワールドカップから2年間、全日本の4番を任されていた林稔幸(富士重工業)がメンバーから外れたので、「新たな全日本の4番は誰になるのか?」といったところだろうか。