桜宮高・藤岡大士投手、体重13kg増えて球速は147km/h、プロ注目

藤岡大士, 桜宮高

 高校野球大阪大会、昨年春夏連覇をした大阪桐蔭をはじめ強豪校が揃う。その中で注目されているのが桜宮高校・藤岡大士投手。

 藤岡投手は183cmの身長があり、最初は線が細かったものの高校で体重が13kg増して体が出来上がると、球速も147km/hを記録するまで伸びた。昨年秋季大会の都島工戦で1試合19奪三振を記録してプロが注目し、今大会屈指の投手として評価されている。

 昨年までは四球で崩れる場面もあったが、スライダーのコントロールが良くなり、今は100球前後で完投できるようになった。追い込んだら伝家の宝刀スライダーで三振を奪う藤岡投手、大阪の強豪校にとっては恐怖の存在だろう。

エース藤岡「全試合完封」  - デイリースポーツ紙面:2013/7/3

 


PAGE TOP