東京ガス・宮谷陽介投手、Honda鈴鹿・大城戸匠理選手などルーキー活躍

東京ガス, 大城戸匠理, Honda鈴鹿, 宮谷陽介

 スポニチ大会ではこの日もルーキーが活躍を見せた。東京ガス・宮谷陽介投手は5回2安打6奪三振の快投を見せ、Honda鈴鹿・大城戸匠理選手は決勝打など2安打2打点を記録した。

 

ルーキー活躍

 東京ガスはエースの石川歩投手がプロに進み、エースの座を投手全員で争う状態となっている。昨日は今年のドラフト候補の一人・難波剛太投手が結果を残せなかったが、この日は筑波大から来たルーキー・宮谷陽介投手が5回を投げて2安打、5回には三者連続三振を奪うなど6奪三振の快投を見せた。

 宮谷投手は172cmと小柄な左腕投手だが、筑波大時代に130km/h中盤の速球と、スライダー・カーブ・スクリュー・チェンジアップなどの変化球を投げて3年春は最優秀防御率に輝き、東海大、日体大などを苦しめたエースだった。社会人でも同じような投球ができ、東京ガスのエースを狙う。

 

 またHonda鈴鹿は法政大から入社した期待の大城戸匠理選手が、この日はいきなり2安打に決勝のタイムリーを放つなどチームを勝利に導く活躍を見せた。大城戸選手は昨年春の東京六大学リーグで打率.488を記録して首位打者に輝いた。50m6.0秒の足と遠投110mの強肩もありプロから注目されたが、プロ志望届は出さずに社会人に進んだ。

 甲元訓監督は「チームに勢いが出る」と大城戸選手にリードオフマンの期待をしている。有力選手が揃い全国制覇も期待できるHonda鈴鹿に今年は注目したい。

 

 東京ガスは筑波大出身の新人・宮谷が先発で5回2安打無失点と好投した。

 5回に3者連続で空振り三振を奪うなど、計6奪三振。「真っすぐで押せて空振りが取れた」と手応えを口にした。ただ、2回までに2安打1四球で44球を要し「立ち上がりがいつも不安定なので、直せばもっといける。投手陣はレベルが高いが先発の一角になりたい」と飛躍を誓った。

 Honda鈴鹿はルーキー・大城戸が決勝打を含む2安打2打点でチームを2連勝に導いた。

 同点の7回2死二塁から右越え適時三塁打で勝ち越しを決め「打ったのは真っすぐ。追い込まれてから重心を下げた」と振り返った。法大では4年春のリーグ戦で首位打者に輝くなど打撃には定評がある。甲元訓監督は「チームに勢いが出る」と新人の活躍に目を細めた。


PAGE TOP