JABA岡山大会、活躍した選手

飯田哲矢, 西嶋一記, 坂寄晴一, 猿渡眞之, 蔭地野正起

 社会人野球のJABA岡山大会、活躍をしている選手をまとめてみる。

 JR東日本は航空自衛隊千歳と対戦し勝利、2年目の左腕・坂寄晴一投手が9者連続奪三振を記録し、6回2安打11奪三振無失点と好投を見せた。国士舘大出身で、阪神のドラフト6位左腕・岩崎優投手の先輩となり、今年このまま三振を奪い続ければプロのスカウトも注目しそうだ。また、亜細亜大出身の182cmの大型左腕・飯田哲矢投手も2回をノーヒット。楽しみな選手が多い。

 大阪ガスはJR四国と対戦し、3年目の飯塚孝史投手と猿渡眞之投手のリレーで延長10回無失点。味方も0点に抑えられていたが11回にタイブレークで3-2で勝利した。猿渡投手はこの日も自己最速となる146km/hを記録している。

 ニチダイは智弁和歌山出身の大型右腕・蔭地野正起投手がJR東海に完封勝利、熊本ゴールデンラークスは明治大出身でアメリカのマイナーリーグでプレーしていた西嶋一記投手が2失点完投で伯和ビクトリーズを下した。


PAGE TOP