侍ジャパン社会人代表がJX-ENEOSに大勝、石川駿選手がホームラン

石川駿, 井口拓皓, 横田哲, 今村幸志郎, 佐竹功年

 アジア選手権に出場する侍ジャパン社会人代表が、JX-ENEOSと練習試合を行い7-0と大勝した。その後のタイブレーク練習でも6点を奪った。侍ジャパンとして出場したJX-ENEOSの石川駿選手が、自軍から初回に2ランホームランを放った。

石川駿選手がホームラン

 侍ジャパンは初回、JX-ENEOSのドラフト候補右腕・尾田佳寛投手から5連打で3点を奪うと、7番に入っていた石川駿選手が2ランホームランを放ち一挙5点を奪った。

 石川駿選手は昨年の都市対抗で、ルーキーながら推定150mのホームランなど3本塁打を放ち今年のドラフト候補として注目された。しかしその後は打撃に精彩を欠き、侍ジャパン社会人代表に選出されたものの7番を打っている。

 この日のホームランは自軍のJX-ENEOSからのホームランとあり、同期の尾田投手からのホームランという事で複雑かもしれないが、大会に向けて景気づけの一発となった事は間違いない。大会でも活躍が期待される。

 

4投手で完封

 また投手陣は4投手で完封リレーを見せた。先発した日本通運の井口拓皓投手は、先日の練習試合で大量失点していたがこの日は3回で5安打を許すものの2つの併殺で無失点に抑え、まだ本調子ではないものの井口投手らしい粘りの投球を見せた。

 2番手で登板したセガサミーのルーキーで昨年の大学野球選手権優勝投手でもある横田哲投手は、3回を3安打無失点とこちらも安定感のる投球を見せた。

 7回にはドラフト候補の西部ガス・今村幸志郎投手が登板し、1回無失点に抑えると、8回からはトヨタ自動車のベテラン・佐竹功年投手が2回2安打無失点に抑え、タイブレーク練習にも登板すると、併殺と三振で無失点に抑えた。

 先発は横田投手、井口投手と関谷亮太投手、守安玲緒投手、加藤貴之投手から3人になるとみられるが、今のところ、関谷亮太投手と横田哲投手が有力。新日鐵住金かずさマジックの加藤貴之投手は練習試合に登板しておらず、調子が挙がっていないようだ。

 ただし、侍ジャパン社会人代表は17日にJFE東日本と急遽練習試合を行う事となり、日本選手権予選などで登板し調整が遅れている投手が出てくるかもしれない。

 18U代表が韓国に敗れて優勝を逃した借りを社会人代表が返すことができるか、プロ主体の韓国、台湾を相手にどんな戦いを見せるのか注目だ。

 2番に多幡(Honda)、3番に遠藤(東京ガス)を置く新オーダーで初回に6連打で5得点。小島啓民監督は「打線がつながったので少しホッとした」と振り返った。初回に右前打で大量点を呼んだ多幡主将は「2番は違和感はない。チームもまとまってきたし、継続してやっていきたい」と手応えを口にした。


PAGE TOP