大阪ガス・小畑彰宏投手が8回途中無失点、8球団スカウト視察

小畑彰宏, 大阪ガス

 社会人野球のJABA岡山大会では、大阪ガスの小畑彰宏投手が7回1/3を投げて8奪三振無失点の好投を見せた。この日は8球団のスカウトが視察した。

腕を下げて2年目

 小畑彰宏投手は184cmの長身右腕で、鳥取西高校時代から140km/hの速球を投げる本格派投手として注目された。青山学院大を経て2013年に大阪ガスに進み、最速149km/hの速球を投げて注目されるされるものの、好投の次は打ちこまれたりと安定した投球が続かない課題があった。

 そして2014年夏に腕を下げて横気味から投げるフォームに変えると、球速こそ140km/h中盤になったがキレが増し、都市対抗などで活躍を見せた。ドラフト候補にも挙がったが、フォームを変えてすぐだった事もありチーム残留を決めていた。

 そしてこの日、JFE西日本戦で先発した小畑投手は7回1/3を投げて8三振を奪い無失点に抑える好投を見せた。ストレートは144km/hを記録し横からでも球速が出てきている。

 8球団のスカウトが視察に訪れるなど注目度も高く、阪神の畑山スカウトは「小畑も計算できる投手になる可能性がある」とコメントした。即戦力のリリーフなどで指名する球団も出てきそうだ。

 今年、サイドスローで1年間安定した投球ができれば、小畑投手もプロへの決断をするだろう。

大阪ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

大阪ガス小畑、8奪三振 スポーツニッポン紙面 2015/4/19

 


PAGE TOP