福岡ソフトバンクがドラフト3位指名の高田知季選手と仮契約

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 福岡ソフトバンクはドラフト会議で3位指名した、亜大・高田知季内野手と仮契約した。契約金6000万円、年俸1200万円。

 高田選手は守備面では大学下級生時代からプロでも通用するといわれるほどの守備を見せていた。課題は打撃で、左右に打ち分けることができるようになれば、2番でチャンスメイクを出来るような選手になれる。

 福岡ソフトバンクではドラフト1位の同じ亜大の東浜巨投手と共にプレーすることになり、また亜大の先輩・松田宣浩選手について「チーム、球界を代表する選手。自分もそうなりたいです」と話した。東浜投手のバックで松田選手と共に三遊間を守るようになれるように頑張って欲しいです。

ソフトB ドラ3高田「開幕から1軍」 - ニッカンスポーツ・コム:2012/11/30

 ソフトバンクのドラフト3位高田知季内野手(22=亜大)が29日、岡山市内のホテルで仮契約を結んだ。

 

 契約金6000万円、年俸1200万円で背番号は0(金額は推定)。内野はどこでも守れる守備力が最大の売りで、高田は「開幕から1軍に入れるよう、しっかり練習していきたい」と意欲的。大学の先輩、松田を目標に掲げ「チーム、球界を代表する選手。自分もそうなりたいです」と力をこめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント