駒大・今永昇太投手と専大・山田智弘投手、両投手が好投、東都大学リーグ

駒大, 山田智弘, 専大, 今永昇太

 東都大学リーグ、駒大vs専大の試合では、駒大が2年生の今永昇太投手、専大が4年生のドラフト候補・山田智弘投手の先発で始まった。

 今永投手は北筑高校時代に折尾愛真戦で14奪三振を記録していた投手で、大学では145km/hの力強いストレートで、昨年の春季リーグ・日大戦で満塁の場面で登板し1回1/3を投げて4三振を奪う投球を見せていた。

 この日もキレの良いストレートで7回までノーヒットピッチング、8回にヒットを許したものの9回に141km/hを計測するなど最後まで粘り9回2安打7奪三振4四球で1失点完投勝利を挙げた。今後、益々注目される投手になる。

 また、専大は甲子園で活躍し、大学で148km/hを記録した今年のドラフト候補、山田智弘投手が登板した。山田投手はこの日も140km/h中盤のストレートを記録し、9回を投げて106球6安打6奪三振で2失点と好投したものの、1-2で今永投手に投げ負けた。

 185cmの大型投手・山田智弘投手、176cmの快足左腕・今永昇太投手、楽しみな投手だった。今シーズンは活躍しそうだ。

 駒大の2年生左腕・今永が2安打1失点で最後まで投げきり、通算7試合目の登板でリーグ戦初勝利を飾った。 5回に失策で1失点したが、7回まで無安打に封じ「いい緊張感を持って投げられた。9回まで真っすぐが切れていた」。冬場には200球以上の投げ込みを敢行し、スタミナ面の強化に取り組んだ。9回に141キロを計測し「うれしかった。(練習を)やってきて良かった」と胸を張った。


PAGE TOP