関西オールスター5リーグ対抗戦、阪神大学リーグが大体大・大畑建人選手のタイムリーなどで優勝

立命大, 龍谷大, 大体大, 桜井俊貴, 田中英祐, 京大, 金子丈, 大商大, 近藤大亮, 大符正希, 大畑建人, 神院大, 東山太樹

 関西オールスター5リーグ対抗戦は決勝戦と3位決定戦が行われ、阪神大学リーグが優勝し5連覇を果たした。

 阪神大学リーグは、4番に入った大体大・大畑建人選手が初回に2点タイムリー2ベースヒットを放つと、その後も近畿学生リーグの投手陣から9点を奪い9-2で勝利した。大畑選手は初戦の京滋リーグ戦で5打数1安打も3ランホームランを放ち、この日も4打数1安打だが2打点を挙げ、チャンスに強い所を見せた。

 また3位決定戦は関西六大学vs関西学生の対戦、関西学生リーグは立命大2年・桜井俊貴投手が先発し3回を抑えると、2番手で京都大の田中英祐投手が登板し2回をノーヒットに抑えた。しかし後続が2点を失い敗れた。関西六大学リーグは大商大の近藤大亮投手が4回3安打5奪三振で無失点に抑えると、2番手で金子丈投手が登板し2回をノーヒット、リーグ戦と変わらずノーヒットで抑えた。その後、神戸学院大で149km/hを投げる3年生・東山太樹投手と龍谷大で大活躍を見せた1年生の大符正希投手が1イニングずつを無失点に抑え、4投手の完封リレーで勝利を収めた。


PAGE TOP