上武大・吉田高彰捕手は2安打、大産大3年・安達陸投手は13K快投

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

大学野球リーグが各地で開幕した。関甲新では上武大のプロ注目・吉田高彰選手が2安打を打ち、阪神リーグでは大産大の3年生・安達陸投手が9回2失点13奪三振の好投を見せた。

大学リーグ戦本格化

多くのリーグで開幕をし本格的に春のシーズンが始まった大学野球、関甲新リーグでは大学屈指の捕手として注目されている吉田高彰選手が2安打を打ち、先発全員安打で10-1で作新学院大に勝利した。

阪神大学リーグでは、大産大が3年生の安達陸投手が先発すると、7回に連打で2失点をしたものの、大体大打線から毎回に13三振を奪う投球で、9回13奪三振2失点で完投勝利を挙げた。183cmの右腕で大学入学時は137キロだったが、2年生までに145キロを投げる投手となった。「優勝を目指してやっている。自分が4、5勝すれば優勝も見えてくると思う」と話した。

また天理大は2年生の左腕・森浦大輔投手が8回6安打3失点でまとめた。3回に死球と連打で3失点したものの、粘りを見せた。森浦投手は天理高校出身で最速144キロの左腕投手。昨年は1年生ながら春・秋連続で最優秀投手賞を獲得していた。

首都大学リーグでは筑波大が桜美林大に勝利、静岡高校時代にプロから注目をされていた2年生の村木文哉投手が登板すると、4回までパーフェクト、7回3安打6奪三振1失点の好投を見せた。「今日はフォークが低めに決まった。1勝できて良かったです」と話した。

2018年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-大学生のドラフト候補リスト

ダイナミックなフォームが持ち味の右腕。183センチの長身は、バスケットボールで大阪選抜に入ったこともある173センチの母譲りだ。関大北陽から大産大へ入学したが、1年春の新人戦メンバーにも選ばれず「上を目指してやるなら何か変えないと」と一念発起。医学的に投球フォームも見てくれるスポーツジムを探し、今も練習と授業の後に週4回2時間ずつ通う。体全体を使ったフォームに改善し、入学時に135~7キロだった球速は145キロまで上がった。

先発の森浦大輔投手(2年=天理)が8回6安打3失点。「最初はフォームがバラバラだったけど、後半立て直すことが出来た」と3回に死球と連打で3点を失うも、粘りの投球で他の失点を許さなかった。

 昨年は1年生ながら春秋連続で最優秀選手勝を受賞。本調子とはいかなかったが、藤原忠理監督(52)は「2年目の厳しさを痛感したと思います。『これがリーグ戦なんだよ』と言いました」。この日はあえて8回まで続投させて、2年目の更なる成長を期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント