大学代表選考合宿3日目と代表選手決定

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 侍ジャパン

侍ジャパン大学代表候補合宿の3日目は、4回まで紅白戦が行われ、その後、代表24人が発表された。

紅白戦の投手成績

選手名大学学年身長体重投打この日の最速と結果
佐々木 健富士大4180cm80kg左左147キロ、1回3安打3失点1四球
森下 暢仁明治大3181cm72kg右右 
小島 和哉早稲田大4174cm71kg左左 
田中 誠也立教大3173cm65kg左左 
甲斐野 央東洋大4185cm76kg右右 
上茶谷 大河東洋大4181cm85kg右右 
清水 昇国学院大4180cm81kg右左 
中村 稔弥亜細亜大4177cm81kg左左145キロ、1回1安打無失点
松本 航日本体育大4176cm78kg右右 
東妻 勇輔日本体育大4170cm70kg右右 
小郷 賢人東海大2180cm80kg右右 
飯嶋 海斗東海大4185cm74kg左左142キロ、1回無安打無失点
加藤 三範筑波大2181cm74kg左左1回1安打1奪三振無失点1四球
栗林 良吏名城大4178cm80kg右右149キロ、1回無安打1奪三振無失点、1四球
若山 蒼人中部学院大4187cm82kg右右 
島内 颯太郎九州共立大4180cm77kg右右147キロ、1回無安打1奪三振無失点、1四球
津森 宥紀東北福祉大3177cm78kg右右 
平川 裕太国際武道大4171cm72kg右右 
伊藤 大海苫小牧駒大2176cm80kg右右 
三浦 瑞樹東北福祉大1175cm65kg左左143キロ、1回1安打無失点1四球
菅田大介奈良学園大2187cm80kg左左 

代表決定

そして午後に侍ジャパン大学代表24人が発表された。主将には3年連続代表入りの辰己涼介選手で、生田監督も「野手の中心は辰己。彼が頑張ってくれないと日本も勝てない」と大いに期待をかけた。

投手では159キロ右腕の甲斐野央投手や、この合宿で150キロ台を連発した松本航投手などドラフト1位候補が選出されたが、上茶谷大河投手は代表から外れた。

また2年生で154キロを投げる苫小牧駒大・伊藤大海投手が、紅白戦では1回3四死球で2失点をしたものの、翌日の紅白戦で153キロを記録し1回を1安打無失点に抑えて選出された。生田監督は「真っ向からインコースで勝負できるピッチャーだと感じた。伊藤につなげたら」とリリーフで起用する方針。

左腕では小島和哉投手、田中誠也投手の東京六大学の2人が選出されたが、中村稔弥投手、飯嶋海斗投手、加藤三範投手も好投を見せ、レベルの高い競争だった。

野手では来年のドラフト1位候補の捕手と注目されている慶応大の郡司裕也選手が外れ、昨年の代表で活躍を見せて今年のドラフト候補の中川圭太選手は、打撃が不調で今回は選出から外れた。

侍ジャパン大学日本代表(2018)候補選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

 伊藤大は最速154キロの本格派右腕で、今春のリーグ戦で6勝を挙げ、MVPを獲得。17日に閉幕した全日本大学野球選手権にも出場した。今合宿では、22日の紅白戦で1回3四死球2失点と崩れたが、24日の紅白戦では153キロをマーク。1回を1安打無失点に抑え、生田勉監督(51)は「真っ向からインコースで勝負できるピッチャーだと感じた。(最後は)伊藤につなげたら」と、抑えでの起用を示唆した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント