DeNAドラフト2位、立正大・伊藤裕季也選手が決勝2ラン

小郷裕哉, 糸川亮太, 久保拓眞, 島内颯太郎, 伊藤裕季也

明治神宮大会大学の部は、横浜DeNAからドラフト2位で指名された立正大・伊藤裕季也選手が決勝の2ランホームランを放ち、広島にドラフト2位で指名された島内颯太郎投手を打ち砕いた。

ドラフト指名選手対決

ドラフト会議で指名された4選手が活躍する試合となった。九州共立大は広島カープドラフト2位の島内颯太郎投手が先発をすると、最速150キロを記録したストレートと抜いたボールで立正大打線を抑えていく。6回までを2安打無失点に抑える好投を見せていた。

しかし立正大も2年生で侍ジャパン大学代表に選出されている糸川亮太投手も好投を見せ無失点を続けていく。そして試合を動かしたのは立正大のドラフト指名選手2人だった。

7回、先頭の打席に入った3番の小郷裕哉選手は、ドラフト会議で東北楽天に7位指名をされたが、四球で出塁すると盛んに島内投手をけん制し、疲れさせた所で2塁盗塁を決める。そして打席には横浜DeNAからドラフト2位指名を受けた伊藤裕季也選手が立っていた。伊藤選手との対決はここまで四球、レフト前ヒット、そしてこの回はランナーにも集中力を割かなければならない状況だった。それでも島内投手は低めに集めていたが、伊藤選手が低めに沈む抜いたボールを軽く救い上げると、打球は打った瞬間にわかるレフトへの特大のホームランとなった。

「打った瞬間に入ったと思いました。真っすぐに力があって本当にいいピッチャーだったけど、自分の仕事ができました」と話した。スタンドで見守った横浜DeNAの担当スカウトだった武居スカウトは「うまく拾って完ぺきにスタンドに運んだ。こういう投手から打てたのは大きい。右打者の貴重なレギュラー候補。うちにいないタイプで楽しみ」と目を細めた。伊藤選手は守備でも2つの併殺を完成させ、進藤GM補佐は「打撃もそうだが二塁守備もしっかり反応できていた」と話し、大型セカンド候補としてドラフト2位で指名した選手としての価値を確認していた。

九州共立大はこのホームランで島内投手が降板し、東京ヤクルトがドラフト7位で指名した久保拓眞投手が登板すると、2回1安打1奪三振無失点でその後も試合を引き締めた。それでも2-0で立正大が勝利、伊藤選手がリーグ戦に続いて大きく勝利に貢献するホームランで格の違いを見せた。

試合後に伊藤選手は「プロでは向こうも絶対に成長してくる。また打てるように頑張りたい」と話し、同じセリーグのドラフト2位・島内投手に視線を向けていた。島内投手も「3、4番にドラフト指名された2人がいたので試合中もどこかで意識してしまっていた」と話し、伊藤選手のホームランについては、「あの一球のためにチームが負けてしまった。ああいう形でホームランを打たれたことがなかった。後悔しています」と話した。しかし、「リベンジする機会はある。これで終わりじゃない」と話し、視線を来年に向けた。

広島の苑田聡彦スカウト統括部長は島内投手について、「球速も出るし、体も強いと聞く。うちには大瀬良といういい投手がいるので、一緒になってやってくれれば。いい投手を指名できたと思っています」と話した。

素晴らしい対決だった。小郷選手も久保投手も素晴らしかった。楽しみな選手が来年プロに加わることは間違いない。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

ネット裏で見守ったDeNAの武居邦生スカウトは「こういう投手から打てたのが大きい」と笑み。進藤達哉編成部長は「打撃もそうだが二塁守備もしっかり反応できていた」と2度の併殺を評価。打てる二塁手として期待を寄せた。プロ入り前の前哨戦を制した伊藤裕は「プロで向こうは絶対に成長してくる。また打てるように頑張りたい」とキッパリ。

同じセ・リーグで、プロでも対決する可能性が高い相手からインパクト十分の活躍。「打って当たり前じゃないと、この先も勝てない」と頼もしい22歳に、視察した担当のDeNA・武居スカウトは「右肩上がりで結果を出してきている」とうなずいた。

広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「球速も出るし、体も強いと聞く。うちには(九州共立大出身の)大瀬良といういい投手がいるので、一緒になってやってくれれば。いい投手を指名できたと思っています」と評価した。


PAGE TOP